連動性あるフォームと回転数の高いボールが魅力!三浦 銀二(福岡大大濠-法政大)を紹介

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.06

 2018年12月、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで行われた「侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿」の紅白戦の様子から法政大の三浦 銀二投手をピックアップし紹介していく。

 福岡大大濠高校時代は3年春にセンバツに出場した三浦投手。2回戦の滋賀学園戦で延長15回、196球を1人で投げ抜いて1対1の引き分け、2日後の28日の同カードの再試合で、これも1人で130球を投げ抜いて5対3の完投勝利。この熱戦は記憶に新しい人も多いのではないだろうか。

 そして2017年に行われた、WBSC U-18ベースボールワールドカップでは日本代表に選出され、清宮 幸太郎選手らと共に世界と戦った。



三浦 銀二投手(福岡大大濠-法政大)

 大学進学後は1年春から主戦として登板し、2018秋季リーグ戦では3勝を挙げ法政大のリーグ優勝に大きく貢献。明治神宮大会では環太平洋大戦で先発のマウンドに上がった。

 三浦の魅力といえば上半身と下半身の連動性のあるフォームから繰り出される回転数の高いボール。ストレートの最速は150キロに達する。

 さらなる進化が期待される三浦投手。2019年シーズンはどのような投球を見せてくれるだろうか?

あわせて読みたい!
三浦銀二(福岡大大濠)「鉄腕、カナダの地で復活!」
福岡大大濠 古賀悠斗選手「捕手経験ゼロの僕が成長できた理由」

【関連記事】
150キロ越えの可能性を秘めた中学屈指の大型右腕・清田蒼陽。スケール感抜群のピッチングに迫る! 【ニュース - その他】
桐光学園出身!中川 颯(立教大)の美しいアンダースロー 【ニュース - その他】
環太平洋大vs法政大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
第785回 怪物・キム・デハン、台湾の大谷翔平・李晨薰など宮崎で躍動したアジアの逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
第13回 明徳義塾・市川 悠太「侍ジャパンU-18代表」で学んだこと【四国発】
日本vs中国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
日本vsチャイニーズタイペイ【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第755回 2つの顔を持つ蛭間拓哉(浦和学院)4スタンス理論で打撃開花 【2018年インタビュー】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
侍ジャパンU18代表vs宮崎県選抜【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
三浦 銀二(福岡大大濠) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
黒川、東妻、来田など注目選手目白押し!西日本の野手は逸材たちを一挙紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る