練習後に手軽にとれるタンパク質

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.08

おにぎりはタンパク質を含む具材を選んで、体づくりに活かそう

 練習やトレーニング後は筋線維の修復を促すためのタンパク質補給が欠かせませんが、皆さんはどのようなものを準備しているでしょうか。よく見かけるのは「プロテイン」。これは文字どおりタンパク質を補給しやすい粉状にしたもので、水や牛乳などで割って飲むことが多いと思います。手軽にとれるものですが、普段の食事からまず十分な栄養をとることを心がけ、プロテインはあくまで栄養補助食品として足りない分を補給するものであることを忘れないようにしましょう。

 

 また練習後の補食からもタンパク質補給を行うことは可能です。チームで準備するものであればアミノ酸などを豊富に含むスポーツドリンクをジャグで用意したり、冬場であれば温かい味噌汁などからもタンパク質をとることができます。この他にも飲むヨーグルトや牛乳、豆乳などにもタンパク質が豊富に含まれます。食べものであればおにぎりの具材などにこだわってみましょう。お米にもタンパク質は含まれますが、それに加えてツナが入ったツナマヨネーズ、かつお節入りのおかか、鮭のほか、納豆巻きなども大豆製品からもタンパク質をとることができます。この他にはコンビニで手軽に買うことのできるサラダチキンやチーズなどもオススメです。

 

 一般成人では体重1kgあたり必要な1日のタンパク質量は1gですが、アスリートは2g必要であるといわれています。体重60kgの選手であれば1日に120gのタンパク質が必要となりますが、必要量をしっかりとるのは思った以上にむずかしいものです。食事は欠食しないように3食しっかりとるようにすることはもちろんですが、練習後の補食も上手に活用しましょう。補食は夕食までの「つなぎ」としての役割も果たします。エネルギー源とタンパク質を上手に補給して体づくりに役立てましょう。

 

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
体の構造を知り効果的な体の使い方を覚えよう! 【ニュース - コラム】
第222回 肩ってどこからが肩?自分の体の構造を知ろう【セルフコンディショニングのススメ】
和食とPFCバランスの関連とは? 【ニュース - その他】
第228回 トレーニングで技術力を上げるためには【セルフコンディショニングのススメ】
第227回 野球のプレーに欠かせない回旋動作を担う胸郭の働き【セルフコンディショニングのススメ】
第226回 暑い時期の練習計画とコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第225回 熱中症が疑われるときの応急対応はどうすればいい?【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
プロ入りを見据える上野響平(京都国際)がお手本にしている格好の教材とは【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る