最速152キロ左腕!佐々木 健(富士大)は多和田や外崎を輩出した富士大で飛躍!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.23

 

 2018年6月、7月にアメリカで開催された「第42回 日米大学野球選手権大会」およびオランダで開催された「第29回 ハーレムベースボールウィーク2018」に出場した侍ジャパン大学代表。バッティングパレス相石スタジアムひらつかで行われた選考合宿の様子から、富士大の佐々木 健をピックアップし紹介していく。



最速152キロ左腕・佐々木 健(富士大)

 近年、多和田 真三郎(投手・西武)、小野 泰己(投手・阪神)、山川穂高(内野手・西武)、外崎修汰(内野手・西武)など好素材をプロに輩出している富士大。そんな同校で大きな成長を遂げたのが佐々木健だ。

 木造高校時代は目立った活躍はなかったが富士大進学後はメキメキと頭角を現していき、ストレートの球速は150キロを超えるようになった。
 東北楽天ゴールデンイーグルスに8位指名で入団した鈴木 翔天との「サウスポー二本柱」を形成し、秋は5勝を挙げチームの北東北大学リーグで史上初となる10連覇達成に貢献。

 最終学年では侍ジャパン大学代表候補に選ばれるなど大きな飛躍を遂げた。

 ドラフト上位候補として注目されるも、プロ志望届けを提出しなかった。2年後社会人でさらなるレベルアップを経てプロ野球のマウンドで見れることを楽しみに待ちたい。

【関連記事】
最速154キロ右腕・伊藤 大海(駒大苫小牧-苫小牧駒澤大)は投手の理想形! 【ニュース - その他】
最速151キロ!2019年ドラフト候補・北山 比呂(日体大)を動画で紹介! 【ニュース - その他】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集】
第30回 「侍ジャパン大学代表候補」から学ぶ3つの心得【先輩から学べ】
第194回 ドラフト指名選手の宝庫!侍ジャパン大学代表の選手を動画で紹介 Vol.1【ドラフト特集】
第185回 大学球界は松本、甲斐野、上茶谷と速球派投手が勢ぞろい!【ドラフト特集】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
東洋大vs富士大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
富士大vs大阪商業大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
第442回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「まずはストレートを100パーセント打てる選手になろう」【後編】 【2016年インタビュー】
第441回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「高い探究心で辿り着いたスラッガーの道」【前編】 【2016年インタビュー】
侍ジャパン大学代表vs侍ジャパンU-18代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
佐々木 健(唐津商) 【選手名鑑】
佐々木 健(小笠) 【選手名鑑】
鈴木 翔天(向上) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
東陵、東北学院榴ケ岡らがベスト8入り!【宮城大会 20日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る