家から近いから?!高校進学にはたくさんの逸話やドラマがある

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.18

大阪桐蔭時代は83本の本塁打を放った中村剛也選手(西武ライオンズ)

 年が明け2019年がスタートした。とは言え、「2018年度」はまだ2カ月半ほど残っている。1,2年生は新しい学年に向けた準備を進め、3年生は新しいステージに向けた動きが着々と進めている頃ではないだろうか。

 さて、毎年この時期になると注目を集めるのが、中学生、高校生の進路の話題だ。特に近年では、「スーパー中学生」の存在が盛んにクローズアップされるようになり、その進路にも大きな注目を集めるようになった。

 そこで今回は、プロ野球で活躍する選手の高校進学の際のエピソードを紹介していきたい。高校進学には、たくさんの逸話やドラマがあるのでご覧いただこう。

 まず紹介するのは、中日ドラゴンズで復活を果たした松坂大輔投手だ。
 ご存知の方も多いように、横浜高校で春夏連覇を達成した松坂投手だが、当初は帝京高校への進学を希望していた。しかし、中学の全日本代表に選ばれた際に、後に横浜高校でチームメートとなるメンバーに「お前がいれば甲子園に出られるから、横浜高校に来いよ」と言われ、松坂投手は横浜高校に志望校を変更したのだ。

 また日本を代表する長距離砲として、第一線で活躍を続ける中村剛也選手も、進学の際に逸話を残した。大阪桐蔭時代には83本の本塁打を放ち、スラッガーとしてプロ入りを果たした中村選手だが、その進学理由は「家から近いから」という意外なものであった。
 中村選手の自宅から、大阪桐蔭高校までは徒歩5分。これが進学を決意する決め手となったというから驚きだ。

 2012年の甲子園と言えば、春夏連続で決勝戦の組み合わせが大阪桐蔭光星学院となったことが印象的だが、当時の光星学院には田村 龍弘選手(ロッテ)と北條 史也選手(阪神)の3,4番コンビがいた。
 二人は中学時代、ともにオール狭山ボーイズで(現大阪狭山ボーイズ)プレーしていたが、先に北條が光星学院への進学の意志を固め、「一緒に行こう」と田村を誘った。どの高校に進学するか、迷う田村だったが「史也と一緒やったら甲子園に近づける」という理由から光星学院に進むことを決めたのだ。

 このように、高校進学には様々な逸話やドラマがある。今年の春には、またたくさんの球児が高校野球の舞台へと踏み出していく。彼らの逸話が、何年後かに出て来ることを楽しみにしている。

文:栗崎 祐太朗

【関連記事】
順調な歩みを見せる大型左腕・松本隆之介 その魅力を徹底解説 【ニュース - コラム】
第225回 横浜期待の星・松本隆之介 順調な歩みを見せる大型左腕のストロングポイントは?【ドラフト特集コラム】
U-18代表の歴代3番打者は受賞選手が多い? 顔ぶれと成績を振り返る 【ニュース - コラム】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
鶴見vs横浜南陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜商vs舞岡【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
田村 龍弘(光星学院) 【選手名鑑】
北條 史也(光星学院) 【選手名鑑】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
光星学院 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
春8強をどう受け止める?再び東東京の頂点を狙う、帝京の春を振り返る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る