昨年の侍ジャパンU18代表6名が学生表彰選手!そこから見えるものとは

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.11

主将としてチームを引っ張った日置 航(日大三)

 日本学生野球協会から平成30年度第51回日本学生野球協会表彰選手が10日に発表された。この中から昨年の侍ジャパンU18代表から

蛭間 拓哉浦和学院
野尻 幸輝木更津総合
日置 航日大三
奈良間 大己常葉大菊川
中川 卓也大阪桐蔭
峯 圭汰創成館
の6人が選ばれた。その中で5人は自校で主将だった。これほど主将経験者で日本代表に名を連ねたのは2013年以来のことではないだろうか世界大会を準優勝した2013年は森 友哉大阪桐蔭-埼玉西武)、逸崎 友誠明徳義塾-拓殖大)、奥村 展征日大山形―巨人―ヤクルト)、上林 誠知(仙台育英-福岡ソフトバンク)、内田 靖人常総学院-東北楽天)、渡邉 諒東海大甲府-北海道日本ハム)、森 龍馬日大三-法政大-明治安田生命)、吉田 雄人北照-オリックス)と8人もいた。

 実際に昨年のアジア大会、自校で主将だった5人は大会期間中、リーダーシップをとっていて、チームを1つにまとめようとしていて、短期間でチームを1つにするためには、強豪校で主将をしていて、実力も伴った野手ほど心強いものはないと思う。

 今年は韓国で世界大会が開催されるが、昨年末、海外遠征を敢行した3チームの主将は昨年の例を見ると、日本代表候補として今からマークしておくと面白い。東京代表の主将を務めた生沼 弥真人早稲田実業)、愛知選抜の主将を務めた石川 昂弥東邦)、四国選抜の主将を務めた浮橋 幸太富岡西)は実力だけではなく、多くのチームが集まる代表チームの主将を務め、しっかりとまとめ上げた人物として見逃せないだろう。

【関連記事】
第932回 静岡商や浜松商の古豪復活か、それとも加藤学園など新勢力台頭か?!令和最初の静岡大会は混迷極める【静岡大会展望】【大会展望・総括コラム】
第998回 史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった 青地斗舞(同志社大)【後編】 【2019年インタビュー】
2年生スラッガー・田窪柊!東大阪大柏原の4番が語る目指すゴール 【ニュース - インタビュー】
史上最強世代の大阪桐蔭の強打の2番・青地斗舞(同志社大)の原点 【ニュース - インタビュー】
第997回 大阪桐蔭最強世代の2番になるまでの軌跡 青地斗舞(同志社大)【前編】 【2019年インタビュー】
第1000回 憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける 【2019年インタビュー】
第942回 令和最初の大阪大会は3回戦が最も盛り上がる!今から見逃せない要注目のブロック!【大会展望・総括コラム】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第995回 憧れの先輩に追いつき、そして憧れる強打の二塁手へ 宮本涼太(大阪桐蔭)【後編】 【2019年インタビュー】
第938回 千葉を代表する木更津総合、習志野を阻むチームは?どのブロックも熱い!【後編】【大会展望・総括コラム】
第995回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第937回 令和最初の戦国千葉を制するのは?専大松戸、佐倉ブロックが熾烈!【前編】【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs関西【2019年 練習試合(交流試合)・春】
玉野光南vs大阪桐蔭【2019年 練習試合(交流試合)・春】
日大三vs美来工科【2019年 練習試合(交流試合)・春】
東海大相模vs木更津総合【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
木更津総合vs銚子商【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
中川 卓也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
奈良間 大己(常葉大菊川) 【選手名鑑】
野尻 幸輝(木更津総合) 【選手名鑑】
日置 航(日大三) 【選手名鑑】
蛭間 拓哉(浦和学院) 【選手名鑑】
峯 圭汰(創成館) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
常葉大菊川 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
ハムスト肉離れとHQ比
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る