史上初!大阪桐蔭、硬式野球部とのアベック優勝!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.08

 〝桐蔭〟対決となった高校ラグビー決勝は、大阪桐蔭桐蔭学園を2点差で破り、悲願の初優勝を果たしました。2018年度は春夏甲子園連覇を果たした硬式野球部とのアベック優勝。これも史上初めてです。大阪桐蔭の選手、関係者の皆さん、おめでとうございます。

 さて、東京で行われている高校バレー男子では、近江がベスト8まで勝ち進みました。惜しくも準々決勝で敗れましたが、夏の甲子園ベスト8の硬式野球部と同じ成績です。

 報徳学園も硬式野球部の夏の甲子園、バスケットボール部のウインターカップ、ラグビー部の花園と3つの部でベスト8。各部が刺激しあって、好成績を残しているのがわかりますね。

 花園で準優勝に終わった桐蔭学園も、硬式野球部は関東大会を制し今春の選抜出場を確実にしている状況です。年度はまたぎますが、甲子園出場が25日に決まれば期待が膨らみます!



文:松倉 雄太

【関連記事】
サッカー・バレーなどの高校4球技にあって、野球の甲子園大会にないのは何? 【ニュース - その他】
ラクビーでは桐蔭対決!もし野球で桐蔭対決があったらどうなるの? 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
【選手権奈良大会】天理、初回に8得点でコールド勝利!7月22日の結果
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る