社会人野球ベストナイン!出身校付きで紹介

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.12.07

 今シーズンの社会人野球表彰選手が昨日(6日)、日本野球連盟から発表されました。出身校とともに紹介します。



 ベストナインでは、今夏の都市対抗出場を逃した日本生命、日立製作所から2名ずつ、JFE西日本から1名の計5名が選出されました。

 阪神ドラフト1位の近本光司外野手は、都市対抗でMVPにあたる橋戸賞と首位打者賞を獲得。ベテランの那賀裕司外野手は打撃賞を受賞しています。

 30歳の藤井貴之投手がベストナイン、33歳の大竹飛鳥投手が最優秀防御率賞を受賞しました。これも社会人野球の魅力の一つですね。

 個人賞の他にチーム表彰もあります。

 日本ユネスコ協会連盟フェアプレー賞:大阪市・大阪ガス(第89回都市対抗優勝)
日本野球連盟特別表彰:侍ジャパン女子代表(第8回WBSC女子野球ワールドカップ優勝)

 表彰式は13日に行われます。

文:松倉 雄太

【関連記事】
明日から強化合宿の社会人日本代表メンバーをチェック 【ニュース - その他】
真夏の祭典!都市対抗野球の組み合わせをチェック 【ニュース - その他】
第7回 最新トレーニング&マシンを紹介! 野球につながる鍛え方 (取材協力:ゴールドジム)【社会人野球から学ぼう】
第6回 日本選手権初V!新日鐵住金かずさマジックのトレーニング  『一歩ずつのマジック』【社会人野球から学ぼう】

コメントを投稿する

前の記事:
安田学園の3年生が振り返る「降雨ノーゲーム、そして悔しい敗戦」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る