• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿開始!「の・ぼーる」の街で「超ハイレベル捕手闘争」はじまる

侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿開始!「の・ぼーる」の街で「超ハイレベル捕手闘争」はじまる

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.12.01

侍ジャパン大学代表候補合宿参加選手たち

 2019年夏に日本で開催される「第43回日米大学野球選手権」に臨む侍ジャパン大学代表のチーム形成の第一歩となる「侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿」が二泊三日の日程で12月1日(土)・愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで始まった。現役時代は捕手。「の・ぼーる(野球)」の名付け親としても知られる野球殿堂入りの俳人・正岡 子規を生んだ同地での合宿開催は3年連続となる。

 13時から39名の代表候補合宿参加選手たち(*平良 竜哉<九州共立大2年・内野手>は合宿直前で辞退)を前に「2019年の日米大学野球選手権は日本開催、東京五輪の前年ということで注目を集める大会になると思うので、技術だけでなくメンタルの強さも大事になる。ですので、この機会を大事にして精一杯自分の持ち味を出してほしい」と奮起を促した侍ジャパン大学代表・生田 勉監督の訓示で始まったこの日のメニューは練習のみ。アップ、キャッチボール、ノック、投内連携の後、投手陣は室内ブルペンを使ってのピッチング。野手陣は15分ずつ4組に分かれてのバッティングを行った。

 その中で特に目を引いたのは唯一、昨年の日米大学野球選手権・ハーレムベースボールウィーク、世界大学野球選手権で「侍ジャパン大学代表」を経験した選手たちが集った捕手たち6名の「レベルが高い」(生田監督)競演である。

 まずは「世界大学野球選手権」侍ジャパン大学代表の郡司 裕也(慶應義塾大3年・右投右打・180センチ83キロ・仙台育英出身)がノック中、安定感あるフィールディングで魅せると、合宿中の主将を任命された佐藤 都志也(東洋大3年・右投左打・180センチ77キロ・聖光学院出身)が到達タイム1秒79の二塁送球。すると合宿中の副キャプテン・海野 隆司(東海大3年・右投右打・173センチ80キロ・関西出身)が到達タイム1秒72の驚異的二塁送球を披露した。



ボール回しでの侍ジャパン大学代表候補・郡司-裕也(慶應義塾大3年)

 佐藤、海野と共に侍ジャパン大学代表を経験した藤野 隼大(立教大3年・右投右打・181センチ83キロ・川越東出身)や、シュアな打撃が目立った大本 拓海(立命館大3年・右投左打・178センチ88キロ・掛川西出身)、古川 裕大(上武大2年・右投左打・182センチ66キロ・久留米商出身)も交えた「超ハイレベルな闘争」が期待できそうだ。

 一方、フリーバッティングでは秋季リーグ戦は札幌学生野球リーグ2部5位ながら「映像を見て実際に見たいと思った」(生田監督)中山 智隆(小樽商科大2年・二塁手・右投右打・165センチ71キロ)が「(函館商)時代は投手で8番でした」という経歴が信じられない強いスイングで左翼ポール際にさく越え1本を放った。

 また、秋の札幌学生野球リーグで4本塁打の赤尾 光祐(東海大北海道キャンパス2年・左翼手・右投右打・181センチ93キロ・東海大相模出身)が野手25名で唯一のさく越え2本。さらに中川 智裕(近畿大3年・遊撃手・右投右打・186センチ82キロ・近大附出身)もさく越え1本含め強烈なライナーを連発。「左投手・右打者をポイントにして、打者では速いボールに負けないスイングができる将来性ある選手を招集した」指揮官の目を細めさせた。

 なお、明日・12月2日(日)は全選手が参加しての午前9時から午前6イニング、午後8イニングの紅白戦を予定。選手たちは実戦の中での順応力を問われることになる。

取材=寺下 友徳

【関連記事】
侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿最終日  冬紅葉 踏みしめ さらなる挑戦へ 【ニュース - 高校野球関連】
侍ジャパン大学代表候補合宿2日目 「良質のチャレンジマッチ」全選手参加紅白戦を開催! 【ニュース - 高校野球関連】
第785回 怪物・キム・デハン、台湾の大谷翔平・李晨薰など宮崎で躍動したアジアの逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
第13回 明徳義塾・市川 悠太「侍ジャパンU-18代表」で学んだこと【四国発】
日本vs中国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
日本vsチャイニーズタイペイ【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第755回 2つの顔を持つ蛭間拓哉(浦和学院)4スタンス理論で打撃開花 【2018年インタビュー】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
侍ジャパンU18代表vs宮崎県選抜【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs明治大学【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】

コメントを投稿する

前の記事:
秋季鹿児島県大会を総括!攻守に安定感を見せた神村学園と強打の鹿屋中央
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る