海城でティーボール教室が開催!笑顔が溢れるイベントに!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.12.01

選手と子供達が野球を通じて仲良くふれ合う

 12月に入り、高校野球界も本格的なオフシーズンに突入した。そんな中、東京都新宿区大久保に学校を構える海城高校で、ティーボール教室が開催された。

 下は幼稚園生から上は小学校低学年の子どもたちが参加したこのイベント。梶監督の挨拶から始まり、90分間で野球の基本となる、捕る・投げる・打つの3つの要素を海城高校の選手たちとともに体験した。

 主将の西村拓海をはじめ、「小さい子どもたちと接する機会がない分、不安はありました」という声が選手から聞こえてきた。
 しかし、幼稚園生役の選手を準備するなど、このイベントを成功させるために、海城高校でも綿密に対策を練ってきた。

 こうした準備の成果もあり、上手く話し合いをしながら子どもと一緒に体操をしたり、身体を使ったじゃんけんをしたりしながら親睦を深めていった。

 イベントは両手でのボールの捕り方、握り方、そして投げ方など基本の部分から丁寧に教えつつ、時には選手たちがサポートに入って、終始楽しく野球に触れあっている子どもの笑顔が印象的だった。

 特にストラックアウトや、ティーバッティングなどは会場が大いに盛り上がった。このイベントに参加していた父母の方からも、「子どもたちの目線に合わせて話してくれているのが印象的でした。また、クラブチームに比べて気軽に参加できるので、今後もやってほしいです」と好印象のコメントが寄せられており、イベントは大成功に終わった。

取材=編集部

【関連記事】
捕って、投げて、打つ!野球の醍醐味を存分に伝えたキッズボールパーク! 【ニュース - その他】
斎藤佑樹登壇!当時のことを熱く語り、大いに盛り上がった指導者講習会! 【ニュース - その他】
都立小平西vs海城【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第9回 日頃からできるセルフチェック!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第8回 練習に取り入れたい障害予防エクササイズ!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
帝京vs海城【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第7回 緊急時の怪我の対処法について動画で解説!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第6回 試合当日の食事とアクシデントの対処法についてを動画で解説!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第5回 正しい体重の増やし方を動画で解説!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
海城vs豊島学院【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
大成vs海城【東京都 2016年春の大会 春季大会 一次予選】
海城vs目黒学院【東京都 2015年夏の大会 第97回選手権東東京大会】
海城 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
秋季鹿児島県大会を総括!攻守に安定感を見せた神村学園と強打の鹿屋中央
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る