痛みを感じやすくなる天気・気圧の変化

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.11.06

天気や気圧の変化によって古傷は痛みを感じやすくなる。気になるときは入念にウォームアップを行おう。

 オフシーズンが近づくにつれて気温も下がり、肌寒さを感じることが多くなると思います。こうした時期には以前傷めた部位が再び痛くなりやすく、不安に思う選手も多いのではないでしょうか。よく「古傷が痛む」という言い方をすることがありますが、捻挫や打撲、骨折などといった以前に傷めたものが、また痛くなってくるような状態です。これには天気や気圧との関係が指摘されています。

 痛みを感じる原因の一つに交感神経による刺激が挙げられます。曇りや雨など気圧の変化を体が察知すると、内耳にある気圧受容体が反応して交感神経が優位に働きます。このときノルアドレナリンという神経刺激物質が分泌されるのですが、これによって血管の収縮が起こり、患部周辺部の痛覚が刺激されて痛みを感じるのではないかといわれています。雨が降るか降らないかという曇り空や天気が回復し始めたタイミングに痛みを感じる人が多く、気圧の変化が影響していると考えられます。

【痛みを感じるメカニズム】
 天気が悪くなる(=気圧が下がる) → 気圧の変化を感じるセンサーが反応して脳に伝達 → 交感神経が興奮してノルアドレナリンを分泌 → 患部周辺部の痛覚が刺激を受ける → 痛みを感じる

 また痛みを感じる閾値(いきち=限界値のようなもの、これを超えると痛みを感じる)は、低気圧状態や低温度になると下がるといわれており、より痛みを感じやすくなります。寒い時期に古傷が痛むような場合は、低気温によって痛みのメカニズムが働いていると考えられます。

 以前傷めた部位が気になるとき、痛みを感じるときに自分自身でできることは普段よりも入念にウォームアップを行うことです。体全体はもちろんのこと患部の血流を良くすることで、関節や筋肉などの柔軟性を改善し、動きやすい状態を保つようにします。カイロなどを使って患部を直接温めることや、温かい飲み物をとって体の中から温めるようにすることでも痛みの軽減が期待できます。また練習後、帰宅後に入浴するときは湯船につかって全身を温めることも忘れずに行いましょう。

 ただし、これはあくまでも以前からの古傷・関節痛など慢性的なスポーツ障害に対応するものであり、急性のスポーツ外傷(受傷直後~数日程度)で患部を温めてしまうと腫れがひどくなったり、痛みが増すことがありますので注意しましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
体幹がもつ3つの役割 【ニュース - その他】
寒い時期に準備しておくと便利なもの 【ニュース - その他】
第205回 現状を把握するための体力測定【セルフコンディショニングのススメ】
第204回 肘の痛みと肘の靱帯手術であるトミー・ジョン手術【セルフコンディショニングのススメ】
第203回 ケガを長引かせないようにする【セルフコンディショニングのススメ】
第202回 筋挫傷と長引くケガ【セルフコンディショニングのススメ】
第201回 シューズがあわないとケガをする【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る