• トップ
  • ニュース
  • その他
  • ドラフト迫る!ドラフトの駆け引きがよく分かる映画「ドラフト・デイ」から日本のドラフトを考えてみる

ドラフト迫る!ドラフトの駆け引きがよく分かる映画「ドラフト・デイ」から日本のドラフトを考えてみる

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.21

2013年のドラフトより:当時仙台育英の上林誠知(ソフトバンクホークス)

 2018年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンDが25日(木)に迫ってきました。

 今年も1位指名は抽選ですが、2位以降はウェーバー&逆ウェーバーで指名が進んでいきます。今年のウェーバー順は以下の通りです。

 東北楽天 → 阪神 → 千葉ロッテ → 中日 → オリックス → 横浜DeNA → 北海道日本ハム → 読売 → 福岡ソフトバンク → 東京ヤクルト → 埼玉西武 → 広島東洋

 逆ウェーバーは
広島東洋 → 埼玉西武 → 東京ヤクルト → 福岡ソフトバンク → 読売 → 北海道日本ハム → 横浜DeNA → オリックス → 中日 → 千葉ロッテ → 阪神 → 東北楽天になります。

 さて、皆さんは「ドラフト・デイ」という映画をご存知でしょうか。アメリカンフットボールのNFLのドラフトを取り上げた映画ですが、ここではウェーバーの駆け引きが描かれています。

 1巡目からウェーバー制のNFLのドラフトでは、指名権のトレードも駆け引きの材料として使われます。

 今年のNPBのウェーバーに置き換えて考えてみましょう。

 全体1位指名を持っているのは東北楽天。ここに、パ・リーグ2位の埼玉西武がどうしても指名したい選手(例えば・ドカベンの山田太郎)がいたとして、向こう3年間のドラフト1巡目指名権と引き換えに、今年のドラフト1位指名を譲ってほしいと持ちかけたとします。両者が合意すれば、東北楽天と埼玉西武の指名順が入れ替わります。これが指名権のトレードです。

 埼玉西武は今年のドラフト全体1位指名を獲得したかわりに、翌年から3年間1巡目指名権がありません。つまり、東北楽天が2回1巡目指名をできるというわけです。

 こういった駆け引きを、指名選手を考えることができる持ち時間10分に間に、複数の球団と行います。時には2球団間ではなく、3球団、4球団が絡むことがあります。それがNFLのドラフトなんですね。

 以前、NPBのスカウトにこの話をして、日本で導入したらどうなるかと聞いたことがありました。そのスカウトの方は、「面白いけど、駆け引きなど今までの何倍も我々の仕事が増えますね」と話していました。

 日本のNPBでこの制度ができるかは別にして、色々想像して見るとおもしろいのではないでしょうか。

 最後に、「ドラフト・デイ」の冒頭より、こんなフレーズがあったので、紹介します。

32チームによる
7巡の指名で
224人の若者が選ばれる今日
栄えある新人選手が誕生する

彼らの人生が一変し
運命が決められ
覇者たちが生まれる

その瞬間が刻々と迫る
そうです
それが
“ドラフト・デイ”

 日本のNPBは12球団で、全球団が「選択終了」となるか、選択された選手が合計120名に達したところで終了になりますが、「彼らの人生が一変し、運命が決められ、覇者たちが生まれる」のフレーズは共感できる部分があるのではないでしょうか。

 2018ドラフトは25日17時スタートです!

すべてのドラフト情報が集まる、ドラフト特設サイトはこちら
プロ野球2018ドラフト特設サイト

文:松倉 雄太

【関連記事】
ドットコム編集部が選ぶプロスペクト30リストを公開!上位30名は?? 【ニュース - コラム】
第190回 ドットコム編集部が選ぶプロスペクト30リスト!上位30名はこの選手たちだ!【ドラフト特集】
三塁には強打者!二塁にはハイセンスな野手が揃う!1年生野手をポジション別に紹介! 【ニュース - コラム】
第192回 02年世代は野手豊作世代だ!まだまだいるスター性を秘めた野手たち【後編】【ドラフト特集】
第191回 02年世代は野手豊作世代だ!プロ入りした先輩たちを凌駕する可能性を持ったスラッガーとショートストップたち【前編】【ドラフト特集】
第190回 ドラフト候補一覧を更新!佐々木朗希と奥川恭伸が特Aな理由【ドラフト特集】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る