プロ志望届を出した大学生126名を一挙紹介

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.13

甲斐野 央投手(東洋大)

 11日に締め切られた、NPBドラフト対象になるプロ志望届。昨日、提出者は110名とお伝えしましたが、全日本大学野球連盟は12日にホームページを更新し、「システム障害により、昨日(10月11日)の時点で16名の選手がNPBドラフト対象外者として公示されていましたが、正しくはNPBドラフト対象者となりますので一覧を修正しました。」と発表しました。

 16名が追加され、大学生のNPBドラフト対象選手は過去最多の126名となります。

 あらためて、全選手のリストを掲載します。

2018大学生プロ志望届(NPBドラフト対象者)

文:松倉 雄太

すべてのドラフト情報が集まる、ドラフト特設サイトはこちら
プロ野球2018ドラフト特設サイト

【関連記事】
今年のドラフトは10月17日、来年は東京オリンピックの影響でいつになるの? 【ニュース - その他】
新たに29名がリストアップ!逸材投手たちを一挙紹介! 【ニュース - コラム】
第198回 2019年公式戦がスタート!大豊作な逸材投手ガイドブック【ドラフト特集コラム】
第190回 ドットコム編集部が選ぶプロスペクト30リスト!上位30名はこの選手たちだ!【ドラフト特集コラム】
第192回 02年世代は野手豊作世代だ!まだまだいるスター性を秘めた野手たち【後編】【ドラフト特集コラム】
第191回 02年世代は野手豊作世代だ!プロ入りした先輩たちを凌駕する可能性を持ったスラッガーとショートストップたち【前編】【ドラフト特集コラム】
第190回 ドラフト候補一覧を更新!佐々木朗希と奥川恭伸が特Aな理由【ドラフト特集コラム】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
花咲徳栄、本庄第一などが初戦を突破!【秋季埼玉県大会地区予選・7日結果】
次の記事:
2年ぶりの甲子園で初勝利を掴みたい早稲田佐賀(佐賀)
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る