かかとの痛みと扁平足

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.12

ベースを強く踏んだり、踏み損ねたりするとかかとに痛みを生じることがある

 野球の練習や試合のときにベースを駆け抜けた衝撃でかかとを痛めることがあります。一度痛みを生じてしまうと、歩くたびに痛みを感じるようになってかかとを浮かせて歩くような状態になることもあり、この状態でプレーを続けると今度はふくらはぎの筋肉に負荷がかかってアキレス腱やふくらはぎそのものまで痛めてしまうことにもつながります。

 

 かかとの下には脂肪による分厚いクッションが存在するのですが、ベースを踏んだときの強い衝撃によってそのクッションが正しい位置からズレてしまったり、左右に押し広げられてクッションがつぶれた状態になっていることが考えられます。痛みが落ち着いた状態であれば、中敷きなどのインソールやテーピングなどでも対応することはできますが、ジンジンするような痛みが続く場合はプレーを中止し、RICE処置などを行って患部に負担をかけないようにすることを優先させましょう。

 また日頃からかかとへの負担を軽減させるためには、足裏のアーチをしっかりと保つことも大切です。足裏のアーチが落ちてしまっている扁平足は荷重ストレスが足裏全体にかかり、その衝撃はかかとにも影響を及ぼします。扁平足であれば足裏のアーチを保つために、足裏の筋肉を鍛えるようにしましょう。
 タオルを足指でたぐり寄せるタオルギャザートレーニングや、足裏、ふくらはぎの筋肉の柔軟性を高めるためのストレッチ、青竹踏みなどを続けて行うようにすると扁平足の改善に役立ちます。さらに競技復帰直後は、アスファルトなどの硬い路面を長時間走ることはなるべく避けて、かかとに強い衝撃を与えないようにすることも大切です。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
体幹の重要性としなやかな動作を可能にするコンディショニングについて考えよう! 【ニュース - コラム】
第207回 体幹の役割としなやかな動作【セルフコンディショニングのススメ】
野球に活かす有酸素運動 【ニュース - その他】
第206回 肩の機能解剖 ゼロポジションとスキャプラプレーン【セルフコンディショニングのススメ】
第205回 現状を把握するための体力測定【セルフコンディショニングのススメ】
第204回 肘の痛みと肘の靱帯手術であるトミー・ジョン手術【セルフコンディショニングのススメ】
第203回 ケガを長引かせないようにする【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
明徳義塾の優勝で幕を閉じた明治神宮大会を総括
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る