大学生でプロ志望届を出したのは誰?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.12

辰己 涼介外野手(立命館大)

 今年のNPBドラフト対象のプロ志望届は昨日(11日)に締め切られました。今回は、大学生のプロ志望届提出者を紹介します。

 2018大学生プロ志望届(NPBドラフト対象者)

 今年は110名がプロ志望届を提出しました。昨年が105名、一昨年は111名でしたので、例年並みの人数ですね。

 さらに彼らが高校3年生の時、2014年の高校生プロ志望届提出者も合わせて見てみましょう。

 高校で提出しながら指名されず、大学4年間で頑張ってもう一度提出した選手が何人いるか、ぜひ探してみてくださいね!

2014高校生プロ志望届 (現・大学4年生世代)


文:松倉 雄太

【訂正】
全日本大学野球連盟は12日にホームページを更新し、「システム障害により、昨日(10月11日)の時点で16名の選手がNPBドラフト対象外者として公示されていましたが、正しくはNPBドラフト対象者となりますので一覧を修正しました。」と発表しました。
それに伴う、最終の大学生のNPBドラフト対象選手いちらんは、こちら

すべてのドラフト情報が集まる!ドラフト特設サイト設営中!

【関連記事】
三塁には強打者!二塁にはハイセンスな野手が揃う!1年生野手をポジション別に紹介! 【ニュース - コラム】
第192回 02年世代は野手豊作世代だ!まだまだいるスター性を秘めた野手たち【後編】【ドラフト特集】
豊作の予感がする1年生野手たち!彼らの現在地をチェック! 【ニュース - コラム】
第191回 02年世代は野手豊作世代だ!プロ入りした先輩たちを凌駕する可能性を持ったスラッガーとショートストップたち【前編】【ドラフト特集】
第190回 ドラフト候補一覧を更新!佐々木朗希と奥川恭伸が特Aな理由【ドラフト特集】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第188回 2019年度ドラフトガイドブック野手編「石川、黒川など甲子園組が世代をけん引する!」【ドラフト特集】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
【インタビュー】横浜商科大学 進藤 拓也選手(西仙北高出身)
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る