猫背を解消しよう!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.05

丸まった姿勢はパフォーマンスに影響を及ぼしやすい。姿勢改善のためのエクササイズを行おう

 何となく背中が丸まっている猫背姿勢が自然になってしまっていることはありませんか? 最近はスマートフォン(スマホ)の画面をのぞき込む姿勢が長くなり、それにともなって頭も前方へと移動するため、首や肩により大きな負担がかかりやすくなっています。
 頭の重さは成人で5㎏ほどあるといわれ、頭の位置が数㎝前方に移動するだけでも首や肩、背中にかけて2~3倍程度の負荷(10~15kg程度)がかかるといわれています。肩こりだけではなく、首の張りや痛み、寝違えや頭痛の原因にもなるといわれ、このような状態が長く続くと首の骨がもつ自然なわん曲(S字カーブ)が失われて、ストレートネックになってしまうこともあります。

 猫背の状態は投球動作にも影響を及ぼします。ボールを投げるたびに投球側の上腕骨頭は動きに合わせて自然と前方移動し、肩が少し前に入って背中が丸まった状態になりやすくなります。背中の丸まった状態でバランスをとろうとすると頭は自然と前方に移動し、猫背の状態が「一番ラク」な姿勢となってしまいます。
 猫背の状態では野球に必要な回旋動作がスムーズに行えません。特に回旋動作に必要な胸椎を十分にひねることができず、他の部位で代償をさせようとするため、わき腹を痛めてしまったり、腰椎を痛めてしまったりといったことが起こります。

 猫背の解消トレーニングとしては主に広背筋や菱形筋などを働かせるためのトレーニングやストレッチが大切です。筋力が不足していても、また筋肉の柔軟性が悪くなっていても背中は丸まりやすくなるからです。また体の前方部分は筋肉の緊張をほぐすためのストレッチを行いましょう。
 大胸筋のストレッチを兼ねて、軽い負荷でダンベルフライを行ったり、自分で肩の前方(大胸筋の付け根部分)をほぐすだけでも頭の位置は後方にシフトします。また腹筋が弱くなっているとやはり体が丸まりやすくなるので、普段の姿勢でも腹筋が姿勢維持に役立つことを意識してみましょう。

 

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
昼食後の眠気はなぜ起こる? 【ニュース - その他】
脳のウォームアップ 【ニュース - その他】
第221回 骨折の種類とカルシウムの必要性【セルフコンディショニングのススメ】
第220回 病院を受診するときに確認すること【セルフコンディショニングのススメ】
第219回 試合のパフォーマンスを支える補食【セルフコンディショニングのススメ】
第218回 投手必見!練習や試合後に意識したいクールダウン【セルフコンディショニングのススメ】
第217回 スイング動作と手首のケガ【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
侍ジャパンU12監督・仁志敏久氏が解説する正しい 『一塁からのリード』とは?!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る