U15侍ジャパン代表が直前合宿を敢行!清水監督も手応え!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.08.04

世界一に向けて調整を行う侍ジャパンU-15代表

 2018年8月10日~19日にパナマで開催される、第4回 WBSC U-15 ワールドカップ。侍ジャパンU-15代表は8月4日、神奈川県川崎市のジャイアンツ球場にて選出メンバー20名が強化合宿を行い、世界一に向けての調整を行った。

 16時から開始された練習は、ランニングやダッシュなどのウォーミングアップを行い、その後キャッチボールを開始。肩が温まってきたところで、投内連携や牽制のサインプレー、ランナーを置いたケースノックなどの実践的な守備練習を行い、代表の清水隆行監督は選手たちの動きを入念に確認した。

 守備練習を行った後は、実戦形式でのシートバッティングを行い、ここでも清水監督は選手たちの状態を細かく確認。主将の池田陵真(忠岡ボーイズ)を中心に、選手たちは鋭いスイングを見せ、順調な調整ぶりをアピールした。その後、クールダウンを行い、約3時間半に及ぶこの日の練習は終了した。

 練習後、清水監督は「それぞれがしっかり準備をしてきてくれたので明日以降はもっと良い状態になっていくと思います。すべてにおいて確認をして良い準備をしていきたいです」と力強く語り、大会への意気込みを口にした。

 3週間前に強化合宿が行われていたこともあり、選手たちは終始打ち解けた様子を見せ、練習中は戦術的会話も見られた。このように活気に満ちた時間となった侍ジャパンU-15代表の強化合宿は5日まで行われ、10日の開幕に向けて調整を行う予定だ。

【関連記事】
2019年に高校野球へ進む中学硬式出身の好投手達のピッチング 【ニュース - その他】
1973年世代のトップランナーとして!イチロー選手は活躍し続ける! 【ニュース - 高校野球関連】
第708回 池田陵真(忠岡ボーイズ)強打のキャッチャーとして高校野球でもフルスイングを貫く! 【2018年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
侍ジャパンU-18代表が台湾を下し、2連勝!2番手・堀瑞輝が7奪三振の快投!
次の記事:
WBSC U-18のコーチ陣が発表!日本代表選手はどのように決められるの?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る