サッカー、日本決勝トーナメント進出決定!何が違うの野球とサッカー?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.06.29

 今日は寝不足という方も多いでしょう。ロシアで行われているサッカーのFIFAワールドカップ、日本はグループリーグ第3戦でポーランドと対戦し、0対1で敗れました。しかし同時間帯にコロンビアが1対0でセネガルを破りました。

 この結果、コロンビアが勝ち点6で1位。

 2位は日本とセネガルが勝ち点4、得失点差、総得点で並びました。両チームの当該対戦は引き分け。イエローカードの枚数などをポイントに換算したフェアプレーポイントで日本が-4、セネガルが-6とここで差がつき、日本が2位として決勝トーナメント進出が決まりました。

 試合終盤、リードされている日本が積極的に攻めて同点にすることをやめ、ボールを回す戦術をしたことで、テレビ中継を見ている限り、かなりのブーイングを受けていたように感じました。日本の西野朗監督は「本意ではないが、(決勝トーナメントに)勝ち上がるための戦略」とテレビのインタビューで話していました。

 最後は賛否が色々とあるかもしれませんが、事実は日本の決勝トーナメント進出が決定です。おめでとうございます。


 さて、グループリーグ最終戦を控えたここ数日、日本の決勝トーナメント進出の条件の一つとして、「引き分け以上」という言葉がよく聞かれました。

 これはリーグ戦で勝ち点制と引き分け制を採用しているサッカーワールドカップならではですね。

 一方、野球ではWBCやWBSCの各種大会(U-18ワールドカップやプレミア12など)では引き分けを採用しておらず、延長タイブレークで必ず決着をつけるやり方です。

 つまり「引き分け以上」という言葉は今の野球の国際大会ではなく、「勝つか負けるか」のどちらかなんですね。もちろんサッカーでも決勝トーナメントは、延長戦、さらにPK戦があり、「勝つか負けるか」の戦いになります。

 もう一つ、野球とサッカーでは、得失点と当該チーム間の2つの考え方の違いがあります。

 サッカーは勝ち点が並んだ際に、総得点から総失点を引く、得失点差で順位を決めます。一方の野球は、勝率が並んだ時の順位の決め方は当該チーム間の得失点率が多くの国際試合で採用されています。

 4チームのリーグ戦だとすると、サッカーは3試合全ての得失点差。野球は順位に関係のない1チームとの試合を除く、2試合での得失点率ということになります。

 さらに野球は得失点率で例えば3チームの順位で1チームを脱落させた後、2チームに絞られて当該対戦の結果が優先されます。つまり。2チームになって得失点率で優位に立ったとしても、当該対戦で敗れていれば、2位ということになるんですね。

 長くなりましたが、野球の国際大会のリーグ戦とサッカーワールドカップのリーグ戦の順位を決める考え方の違いの一部はこんな感じです。

 因みに今年2月に盛り上がったオリンピックのカーリングも引き分けがありません、さらに予選リーグ突破ラインが勝率が並んだ場合は、タイブレークとして予選リーグ突破を決める順位決定戦を行います。いわゆるプレーオフみたいな感じですね。

(文:松倉 雄太)

【関連記事】
ボール回転数からメンタル面まで!大学日本代表はデータを駆使して最強のチームを作り上げる! 【ニュース - その他】
10月のU-23ワールドカップ日本代表監督に稲葉篤紀氏!トップチーム監督と兼務 【ニュース - その他】
日本vsカナダ【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
韓国vs日本【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本代表vsメキシコ代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
第17回 市立船橋サッカー部「サッカーで必要な動き出しのパワーは野球にも生きる」【後編】【他競技のスペシャリストから学ぼう】
第16回 市立船橋サッカー部「理想は自発的に自分のためのトレーニングができる選手になること」【前編】【他競技のスペシャリストから学ぼう】
第2回 U-18決勝の相手・台湾の学生野球の現状は?小・中・高と日本と全く違うシステム?!【世界の高校野球】
第1回 台湾記者から見た日本の高校野球のスゴイところは?【世界の高校野球】
第12回 全国ベスト8の駒大高サッカー部のキレの良い動きを生み出すクイックネス理論【他競技のスペシャリストから学ぼう】
U-18日本代表vs大学日本代表【第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
18U日本代表vs関西大学【第10回 BFA 18Uアジア選手権】

コメントを投稿する

前の記事:
必由館、八代、東稜が勝利! 【選手権熊本大会・15日の結果】
次の記事:
必由館、八代、東稜が勝利! 【選手権熊本大会・15日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る