大学選手権ベスト4の監督、主将、主務を紹介

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.06.16

第67回全日本大学野球選手権大会は今日(16日)神宮球場で準決勝が行われます。

昨日、天気予報を考慮して、第1試合の開始を11時30分から14時に変更することが発表されました。

準決勝に残ったのは、東北福祉大学、慶應義塾大学、国際武道大学、九州産業大学の4チームです。

今回は各チームの監督、主将、主務を紹介します。


(文:松倉 雄太)

【関連記事】
伊藤、早川、山崎など大学代表候補に選ばれた10名のドラフト候補の投手たち 【ニュース - 高校野球関連】
山田 健太、早川 隆久ら35名が招集!2020大学日本代表選考合宿参加メンバーが決まる 【ニュース - 高校野球関連】
第4回 中四国地区「大学野球事始」【四国発】

コメントを投稿する

次の記事:
明徳義塾が優勝!夏のシード校が決定!【高知県高校総体・最終日】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る