大学選手権開幕!東海大北海道は出場辞退

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.06.12

 第67回全日本大学野球選手権大会初日は、雨のため神宮球場の3試合が中止になり、東京ドームの4試合だけが行われました。

試合結果
1回戦
立命館大学4-3奈良学園大学
大阪商業大学10-0天理大学(5回コールドゲーム)
徳山大学13-1四国学院大学(7回コールドゲーム)
九州産業大学3-2東海大学

 立命館大学はドラフト上位候補の辰己涼介外野手(4社)が3打数2安打2打点の活躍。奈良学園大学もドラフト候補の米満凪遊撃手(4敦賀気比)が大会第1号本塁打と、大会記録タイとなる1試合4盗塁をマークしました。

 第2試合では大阪商業大学のドラフト候補・太田光捕手(4年広陵)が2本の二塁打を放ち活躍しました。

 今後の日程の一部が変更され、今日(12日)は神宮と東京ドームで4試合ずつ、明日(13日)は神宮が3試合→4試合となっています。


(文:松倉 雄太)

【関連記事】
全勝優勝!圧倒した戦いを見せた「世界大学野球選手権大会」日本代表! 【ニュース - その他】
全国制覇の東北福祉大も出場する第13回東北地区大学選手権が明日開幕 【ニュース - その他】
第4回 中四国地区「大学野球事始」【四国発】

コメントを投稿する

前の記事:
【秋季大阪府予選】大阪桐蔭vs履正社の強豪校同士の試合結果は!?大阪大会準決勝2試合を徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る