ケガ予防のためにも胸郭の柔軟性を高めよう!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.08.18

野球は左右非対称の回旋動作が多いので、ケガ予防のためにも胸郭の柔軟性を高めよう

胸郭の動きと柔軟性

 夏野球は回旋運動を伴う動作が多く、パフォーマンスアップのために身体の柔軟性を高めたいと考える選手は多いと思います。日頃からチームや個人などでストレッチを行っていることと思いますが、胸郭の動きと柔軟性についてもチェックしておきましょう。

 胸郭というのは腰の上に位置し、胸部を保護する「かご状」の骨格部分を指します。背骨の一部である12対の胸椎と肋骨、胸骨で構成され、心臓や肺などを外的ストレスから守ります。バッティング動作などでは腰をひねってスイングしているように感じますが、本来もっている腰椎の回旋可動域はほとんどなく(左右5°程度)、その上に位置する胸椎がその役割を担っています(左右30°程度)。身体をひねるという動作は胸椎とそれに付随する胸郭の柔軟性を高めることでよりひねりやすくなります。一方、胸郭の動きが制限されてしまうと、振り返って物をとるといった日常動作のみならず、肩甲骨の動きにも影響を及ぼすため、スムーズな投球動作ができなくなったり、肩を痛めたりする原因ともなってしまいます。

 胸郭のストレッチとして一番なじみのあるものといえば、四股踏みの状態で身体をひねる動作ではないでしょうか。右肩と左肩を交互に前方にツイストさせることで胸郭の柔軟性を高めるストレッチです。また背中を壁際に沿わせて立ち、下半身は動かさずに腰から上のみを意識して両手を壁にタッチするツイスト運動なども、胸郭のひねり動作(肩の入れ替えと考えるとわかりやすい)を意識しながら行うようにするとよいでしょう。

 野球のプレーでは多くの場合、右回旋か左回旋のどちらか一方を多く繰り返すため、筋肉の柔軟性も左右差が生じやすくなります。こうしたストレッチを行う時には左右差をチェックするようにし、どちらか一方が硬い場合はより多く時間をかけてストレッチを行ったり、普段行わない方の回旋動作を繰り返して動きづくりを行うなど、左右差の改善を意識したトレーニングやストレッチを行うようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
足首の硬さを克服する 【ニュース - その他】
季節の変化とコンディション 【ニュース - その他】
第201回 シューズがあわないとケガをする【セルフコンディショニングのススメ】
第9回 日頃からできるセルフチェック!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第200回 選手にセルフコンディショニングを勧める理由【セルフコンディショニングのススメ】
第199回 素振りと腰のケガについて考える【セルフコンディショニングのススメ】
第8回 練習に取り入れたい障害予防エクササイズ!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第225回 中日ドラゴンズ 和田 一浩選手 【2014年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
【高校野球 秋季大会】秋季大分県大会の組み合わせ決まる!
次の記事:
生駒、関西中央が接戦を制して2回戦へ!【選手権奈良大会・15日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る