食事付学生寮の運営を行う共立メンテナンスは、「体育会ナビ×Dormy」と題して、高校生・大学生・専門学校生に向けた特別料金のサービスを発表した。

 コロナウイルスの感染拡大を受け、学生寮の閉鎖や相部屋の取り止めが全国の大学等で相次いでおり、急遽一人暮らしを始める体育会学生が増加している。そこで、長年に渡り学生寮の運営を行う共立メンテナンスは、行き場を失った体育会学生を、特別料金で物件に受け入れるサービスを開始。

 運営する学生会館「ドーミー」は、テレビと布団を除いた家具・家電(エアコン、照明器具、ベッド、机、椅子、クローゼット、本棚、電気スタンド、カーテンなど)を備え付けており、一人暮らしを開始する際に一式を揃える必要がない。月々の料金も特別価格にて提供され、更に契約時の費用もお得になる。金銭的な負担が少なく新生活がスタートできるのだ。



 また各寮には寮長・寮母が常駐し、管理栄養士が考案したメニューを朝夕まごころ込めて手作りで提供。一人部屋で安心・安全な生活を送りながら、スポーツに打ち込むことができる。

 今回の取り組みは、体育会・スポーツ系学生の為の就職支援サイト「体育会ナビ」を運営する、株式会社ガーディアンシップとの協業により実現した。体育会学生の就職支援を27年続ける日本唯一の会社である株式会社ガーディアンシップは、就職支援だけに止まらず、大学硬式野球・準硬式野球のスポンサーとなるなど、学生スポーツを支援してきた実績がある。 長年、体育会学生をサポートしてきた両社の思いが一致し、実現した取り組みだ。

 安心・安全の生活は、パフォーマンスの向上に繋がると言える。体育会学生や進学を控える高校生にとって注目の取り組みだ。

◆お問い合わせはこちらから
https://forms.gle/s7oRgiapKUJDdBQW9