2020年より完全新作として全国の店舗に並んでいるミズノプロシリーズの「5DNAテクノロジー(以下、5DNA)」。
 これまではプロ野球選手の声を集めて開発してきた手法から、ミズノが契約しているプロ野球選手が実際に使用しているグラブからデータを収集する。これまでとは真逆となる完成形から逆算して開発していく手法で、理想的なキャッチングを実現させる。ここをテーマに企画・開発がされたミズノプロシリーズのグラブ・5DNAは多くのプロ選手のみならずアマチュア球界でも人気が高まっており、グラブ市場をにぎわせている。

 そんな人気グラブを詳しく知るべく、球児たちとのかかわりが多い野球専門店へ取材。今回は、日本ハムの2軍本拠地、そして選手寮が所在する千葉県鎌ケ谷市に2016年よりお店を構えている超野球専門店CVへ訪問した。

 早速、5DNAの人気を聞くと、「お客様の反応はいいですね。特に2022年モデルの新作が販売されてから人気に拍車がかかって、手に取って見られる方も増えてきました。実際に使ってみても良いグラブなので、良いグラブだと思います」と店長の中村勇太さんは話す。

 日本ハムの2軍施設があることもあって、「この前は伊藤 大海くん(駒大苫小牧出身)が足を運んでくださったんです」とプロ選手の写真やサインの書かれたコーナーで笑顔を見せる中村さん。店舗に来てくれたお客様だけが知ることのできる情報を伝えられるよう、メーカーの企画担当者に直接会って話を聞いたり、工場に足を運んで自分の目で道具が出来るまでを見るという。

 新作グラブを使うのも、その一環であるが、使っていて他メーカーとの違いを、キャッチングにあるという。
 「ミズノは多くの選手たちに使ってもらえるように、ウェブ下にポケットを作りやすいタイプのグラブを多く販売している印象です。なので、キャッチングに関しては全般的に扱いやすいデザインですが、2020年から販売されている5DNAは、よりキャッチングが優れていると感じています」

 5DNAにはキャッチングのために数多くの機能が搭載されている。そのなかでも中村さんが強く推しているポイントがハイブリッドムートンだ。

 「2020年モデルはクッションがむき出しになっているので、フィット感が増しています。
 おかげで手の小さい人でも使えますし、使い込んで革が伸びてしまっても手首のホールド感が大きく変わらないので、使いやすいのが特徴です」