12月から全チームが本格的なオフシーズンに突入し、まもなく年末年始の休みを迎えるチームが多いだろう。この休みを機に、春の大会で使う道具を買い揃えようと、道具の新調を考えている球児たちもいるのではないか。今回はそんな球児たちに向けて、気になるグラブをミズノ社が販売していた。

 そのグラブの名は「5DNAテクノロジー(以下、5DNA)」。
 プロ野球界では多くの選手が使用しているが、このグラブの人気について東京都千代田区にお店を構えるMIZUNO TOKYOで勤務する安河内雅史さんは「人気が高まっています」と普段から店頭で多くの球児に会っている現場の様子を語る。

 「どうしてもプロだと多少オーダーされているので、店頭に並ぶグラブと違いがあります。ですが、アマチュア野球だとお店に並んでいるものを買って使っているので、テレビで見かけたときは見覚えがあるから気づいて認知が広がって人気になっていると思います」

 そうやって見た目から興味本位で5DNAを手にしてはめると、ほとんどのお客さんは「思っていた以上に良い!」と好感触だと話す。ただミズノのなかでは最高品質のミズノプロシリーズの中で、5DNAは何が違うのか。このシリーズに採用された3つのポイントが関係している。