多くのチームが夏の大会を終え、今度は秋季大会に向けて各チームが練習に打ち込む日々が続いているだろう。貴重な練習時間を最大限活かそうと毎日汗を流しているはずだが、そうすれば道具の消耗も激しく、買い替えの頻度は増えてくる。特にスパイクは自身のパフォーマンスを支える意味でも大事な道具の1つだ。

 近年ではスポーツメーカー各社が、様々なスパイクを販売。特に軽いスパイクは球児たちに注目されており、キーワードとなっている。そんな今の球児たちが求めるニーズをミズノ社が最大限に応えたスパイクが「ライトレボエリート」だ。

 「ライトレボエリート」は、ミズノ史上最軽量となる片方約235グラム(※27センチのスパイク対象)となっている。この軽さに球児たちは「ミズノから軽いスパイクが出ているのは知らなかった」と驚きを感じていた。

 のちに、球児たちへミズノのスパイクに対する印象を聞いてみると「高い品質の商品を販売している印象が強い」という声が聞こえてきた。ミズノでは創業時から貫いてきた「ええもん作りなはれや」の精神のもと、ミズノプロをはじめどの道具も高品質に仕上げてきた。そんなミズノを使っている球児たちだからこそ、今回の「ライトレボエリート」のような軽量感溢れる道具は驚きなのだ。

 選手たちに衝撃を与える軽さが注目される「ライトレボエリート」だが、ひとたび履いてプレーすると、軽さだけではない高機能性に選手たちは再び衝撃を受けた。

「ライトレボエリート」を試し履きしてみて
◆「打席のなかでも1本足になったときの安定感が違います
◆「地面を感じながらもしっかり掴めるので、足が着地した時にしっかり地面からの反発をもらってバッティングが出来ました
◆「足を踏み出していても安定感が他のスパイクと違うので、ピタッと止まってからしっかりバットを振れている感覚があります」
◆「踏み出した足がきっちり止まるので、低めのボールに対してもしっかりと足腰を使ってすくい上げるバッティングがしやすい感じがありました」

 打席のなかでの安定感に効果を実感していた選手たち。今回のスパイクには機能の1つとして「SLソール」が採用されている。通常のスパイクよりも金具歯が外側に配置されており、安定感が通常よりも増したような感覚を得られているのだ。その安定感がバッティングのなかでも大きな効果を生み出し、プレーの質が向上していたのだ。

 走力だけではなく、打力強化にも一役買っている「ライトレボエリート」。バッティングを武器にしたい。バッティングを向上させたい。そんな悩みを持っている球児は、一度その感覚を確かめてみてはどうだろうか。