バット、グラブ、ボールが野球をする上で欠かせない道具であることは間違いない。それらとともに、選手たちのパフォーマンスを支え、球児たちにとって必要不可欠なスパイク。各メーカーが創意工夫を凝らし、毎年新たなスパイクを世の中に売り出しているが、現在業界の中で勢いに乗っているであろうスパイクがある。それがミズノ社がこの春から発売を開始した「ライトレボエリート(LIGHTREVO ELITE)」である。

 ミズノが誇る二大ブランドの1つ、グローバルエリートから出ている「ライトレボエリート」は、片方約235グラム(※27センチのスパイク対象)という驚きの軽さが最大の魅力である。

 今回、試し履きイベントを開催中、選手たちからは手に取った瞬間、履いた瞬間に、スパイクの軽量感に驚いている選手が多かったが、イベント終了後に感想を聞くと、プレーでも多大な恩恵を受けていることを肌で感じていた。

 「軽いだけではなくて、一歩目が出しやすいので、守備をしていても素早く打球に追いつくことが出来ました」

 「走りやすかったので、いつもよりも早くベースカバーに入ることが出来ました」

 「外野を守っていても地面をしっかりと蹴ってスピードに乗れたので、勢いよくスライディング出来てギリギリの打球に追いつくことが出来ました」

 今回のスパイクは新機能として、足裏の外側かつ母指球周辺に金具を多く配置した「SLソール」を搭載した。これによって地面をきっちりと掴むことができ、力強く蹴りだせるようになっているそうだ。

 それが結果として走塁はもちろんだが、選手たちの守備においてのパフォーマンスを向上させ、取れるアウトを増やす。ミスを最小限にとどめるなど、余計な失点をしないことにも「ライトレボエリート」は一役買っているといっていいだろう。もっと言えば、試合の勝敗にも多少なりとも関係してきていると言っていいかもしれない。

 勝利へあと一歩を与える「ライトレボエリート」。走塁だけではなく、守備でも活躍したい選手は、一度お店に行った際にチェックしてみてはどうだろうか。