前田健太(PL学園出身)が2021年グラブを発表!「革新」というテーマに相応しい新グラブに注目!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.01

2021年使用グラブを発表したツインズの前田健太(PL学園出身) 写真提供・ミズノ

 12月1日、ツインズで活躍する前田健太(PL学園出身)がミズノ社の2021年使用グラブリモート発表会に参加した。

 今シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、60試合に短縮されたが、12試合に先発し、6勝1敗、防御率2.70と好成績を残し、6年連続のポストシーズン登板を果たした。そんな前田の2021年の使用グラブのテーマは「革新」。前田は「グラブ自体の型は維持しつつウェブの形状を今までにない新たな形を作りたい」と提案。それが花びらの模様を入れた今までにない斬新なデザインである。

 このデザインを導入したのは1つのきっかけがあった。前田は5月、自身のYouTubeチャンネルでグラブのデザインを募集を告知。視聴者がSNSで「#マエケンウェブチャレンジ」とデザイン画像と一緒に投稿し、採用された3種類のデザインをミズノ社に協力を得て、グラブを完成させ、2020年のシーズンで活用した。

 ファン思いで、常識にとらわれない前田の発想だからこそ実現した方針は今年も踏襲し、花びらの模様を入れたグラブが完成した。このグラブを作成するにいたって、前田担当のグラブマイスターによると、デザインが変わったことによって、感覚が変わってしまうことに気をつけ、機能面についても前田にヒアリングを行い、依頼から1ヶ月で完成した。前田は実際にグラブを手にして、「無茶なお願いをさせていただきましたが、いつも完璧なグラブを作成してもらい、大変感謝しています」とコメント。

 機能面では全面をしっかりと覆い隠す形状にすることで、よりボールの握りがわからないようになっており、さらに前田の希望で、去年より配色は赤を多くしている。

 小学校5年生のとき、投手以外のポジションを守っていた前田は機能面、デザイン面で気に入ったことをきっかけにミズノのグラブを長年、活用している。今では野球選手が憧れるミズノブランドアンバサダーとなった。

 「長年使ってきて、しっくりとフィットする感じですし、使いやすい。僕の野球人生はミズノさんの野球道具に支えられていると思います」

 そして2021年へ向けての意気込みを語った。
「1年間、先発ローテーションを守りきって、ワールドシリーズ制覇を目指していきたいと思います」

 来季、無事に162試合制で開幕できれば、2年ぶりの二桁勝利、3年ぶりのワールドシリーズ進出をかけて戦うことになる。新グラブとともに活躍を見せる。

【関連記事】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
指導者必見!2000安打&Gグラブ賞10度の宮本慎也氏が説く基礎の重要性 【ニュース - パートナー情報】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第1046回 ミズノプロに並ぶ、2大ブランドとなる宿命を背負うグローバルエリート 【2019年インタビュー】
第1045回 野球界の進化に比例してミズノプロも進化を続ける 須藤竜史さん 【2019年インタビュー】
第1038回 「自分の手のようにグラブを動かしたい」イチローのニーズは全プレイヤーのニーズ 柳舘宗春さん  【2019年インタビュー】
第1033回 3Dから4Dテクノロジーへ。進化を遂げたミズノプロ 寺下正記次長 【2019年インタビュー】
第1033回 3Dテクノロジーの先駆けとなったミズノプロ グラブが誕生するまで 久保田憲史執行役員 【2019年インタビュー】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第202回 【BIG5特集】西純矢(創志学園) 厳しいマークを乗り越え、昨年より進化したピッチングを【ドラフト特集コラム】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第30回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【前編】(1950年代~1990年代前半)【高校野球ヒストリー】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
兵庫県の県立学校は休校延長!定期人事異動でこのまま監督と別れがある野球部も!?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る