イチロー、松井の背中を追え!村上、高橋ら8名がミズノブランドアンバサダーの仲間入りを果たす

 12月6日、大阪に本社を構えるミズノ株式会社にブランドアンバサダー契約を結ぶ選手38名が一堂に集結。来季に向けて各選手がそれぞれ道具への要望を伝え、メーカーの担当者と議論を交わした。

 このミズノブランドアンバサダー、野球界を代表するそうそうたるメンバーが名を連ねているのをご存じだろうか。 まずはメジャー組。2019年限りで引退を表明したイチローや、ヤンキースのエース格となった田中 将大。そして田中と同世代のドジャース・前田 健太が現役で契約を結んでいる。

 そして日本球界に目を向けると、セ・リーグには菅野 智之(ジャイアンツ)や会沢 翼(広島カープ)、さらには今永 昇太(横浜DeNA)。パ・リーグであれば内川聖一(福岡ソフトバン)に山川穂高(埼玉西武)、そして松井 裕樹(東北楽天)と日本代表に名を連ねるような、代表選手ばかり。

 また過去には松井 秀喜なども契約していた超一流の証、ステータスでもあるミズノブランドアンバサダー。2019年はここに新たなに8名の選手が加わった。その選手が以下の通りだ。



新規契約の打者陣(左から大山悠輔、大田泰示、村上宗隆、神里和毅)

高橋 礼(福岡ソフトバンク 専大松戸出身)
23試合 12勝6敗 防御率3.34
大田 泰示(北海道日本ハム 東海大相模出身)
132試合 打率.289 本塁打20 打点77 盗塁6
神里 和毅(横浜DeNA 糸満出身)
123試合 打率.279 本塁打6 打点35 盗塁15
濵口遥大(横浜DeNA 三養基出身)
17試合 6勝5敗 防御率3.17
大山 悠輔(阪神 つくば秀英出身)
143試合 打率.258 本塁打14 打点76 盗塁3
柳 裕也(中日 横浜出身)
26試合 11勝7敗 防御率3.53
石山泰稚(東京ヤクルト 金足農出身)
34試合 2勝2敗5ホールド7HP10セーブ 防御率2.73
村上 宗隆(東京ヤクルト 九州学院出身)
143試合 打率.231 本塁打36 打点96 盗塁5

 注目は髙橋と村上だろう。ともに新人王を獲得し、2019年のNPBの顔といっても過言ではない。これからの成長が期待される選手だ。また阪神の大山も4番として全試合に出場し、チームからの期待が大きい。日本ハムの大田もジャイアンツから移籍して持っている実力を開花。こちらも今後の活躍に期待が持てる。

 投手ではブレークの兆しを見せや中日の柳や、2019年は怪我で出遅れたがルーキーイヤーに強烈なインパクトを残した濵口が仲間入りを果たした。

 これからはミズノブランドアンバサダーとして、新たな責任と覚悟を背負って戦う8名。高橋は、「たくさんのサンプルや試作品、いろんな選手が使ったモノを見て、より良い道具ができたので納得したものができたと思います」と初参加のブランドアンバサダー会議に納得の様子。
 また村上は「来年に向けて話ができましたし、『来年もやってやるぞ』という気持ちになれました」と、来シーズンに向けて気持ちの面でも良い影響をもらった。

 仲間入りを果たした8名は偉大な先輩方のように、超一流への道を切り開けるのか。今後の活躍に注目したい。