金具ではなく、樹脂性のスタッドがついたスパイク、「スタッドソールスパイク」が急速に人気を伸ばしている。アシックスのスタッドソールスパイク「JAPAN SPEED」は、広島東洋カープの鈴木誠也選手の要望から生まれ、現在では同チームの田中広輔選手や読売ジャイアンツの丸佳浩選手なども着用するほど広がりをみせている。

 そんな今注目を集める「JAPAN SPEED」を開発したのが、アシックスジャパンの河本勇真さんだ。 河本さんはこれまで、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷 翔平選手や、広島東洋カープの鈴木 誠也選手、田中 広輔選手など、世界の第一線で活躍する一流選手のスパイクの開発に携わってきた。

 今回は河本さんに、「JAPAN SPEED」の開発秘話やそのメリットについて熱く語っていただいた。

◆鈴木誠也選手も絶賛のスタッドソールスパイク「JAPAN SPEED」の詳細はこちらから!

鈴木選手の悩みから生まれたスタッドソールスパイク



「JAPAN SPEED」を持つアシックス開発者・河本勇真さん

 「JAPAN SPEED」が生まれるきっかけとなったのは、広島東洋カープの鈴木誠也選手です。現場での会話がきっかけで生まれました。

 鈴木選手にヒアリングしたところ、金具のスパイクシューズを履いていた一昨年前まで、夏場に差し掛かってくる度に疲れが出てくるということでした。

 そこで「もう金具じゃなくていいんですよね」というお話があり、「金具ではないスパイクシューズをつくりましょう」ということになりました。金具をなくすと痛みの元である突き上げも軽減し、重さも軽くなり疲労が溜まりにくいなど、様々な面でメリットがあります。

 もちろん、金具がなくなることへの不安点も挙がりました。
 長い間、金具を使用していたのは、グリップ力があるからです。金具は地面にすっと刺さるので、ストップが効いて蹴り出しの際に力が入ります。当初はやはりグリップの面で不安な部分はありました。



「JAPAN SPEED」開発のきっかけとなった鈴木誠也選手(広島東洋カープ)

 不安を無くしていくためにまず取り組んだのが、鈴木選手がプレーする時の足圧を計ることです。どこに力がかかっているかをアシックススポーツ工学研究所で計測し、その結果をもとにスタッドの配置を決めました。
 次に、グリップ力が金具より劣ることは予想ができたので、その差を少なくすることに取り組みました。

 何度も試行錯誤して、出来上がたのが現在の形です。
 横方向の動きでグリップ力を高め、安定感を出すために外側を中心にスタッドを配置し、回転動作で力がかかる母趾球部は、それをサポートするスタッド配置にしました。

 金具まではいかないまでも、もう少し「刺さり」が欲しいといったお話や、スタッドの細かい配置の話も含め、鈴木選手には、何度もテストさせていただきました。

 こうして生まれたスタッドソールを他の選手にも勧めたところ、そこからどんどん広がりを見せています。