元プロ野球選手と寺下友徳が熱く語り合う!ニコニコ生放送は大反響!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.18

 白熱した全国高等学校野球選手権、大会12日目準々決勝4試合。高校野球ドットコムではこの4試合をニコニコ生放送とのコラボを開催。代表として高校野球ドットコムからは四国担当の寺下 友徳が参戦。元プロ野球選手の中根仁氏、愛甲猛氏がゲストで登場し、準々決勝の4試合それぞれをあらゆる角度から解説し、大盛り上がりを見せました。

 第1試合と第2試合を担当された中根氏は第2試合が終わった後、「凄い2試合でした。そりゃ甲子園ファン増えますね。久しぶりに見て良かったです。高校野球って、楽しいですね。今は球数制限問題とか色んな問題を抱えながらだけど、そこを考えながらのゲーム展開とかを見られて楽しかったです。
 あと、中京学院大中京小田 康一郎君みたいな1年生が出るので、今後も高校野球が楽しみだね。」とこれからの高校野球に楽しみを感じていました。

 そして第3、第4試合を担当された愛甲さんは、「奥川 恭伸投手の温存は大きいと思いますが、次に投球に繋がるかはわかりません。休んだことで肩が軽すぎるとかもありえるので、明日の過ごし方が大事ですね。
 また甲子園で千羽鶴を渡して託していくのが問題になってやめちゃったらしいですが、当時はバスの後ろに5万羽くらいいましたね。けど捨てるに捨てられなかったです。
 とりあえず楽しみです。どこが勝っても初優勝で、令和元年で歴史に残りますね」と自身がみた試合を振り返りながら今大会の結末を楽しみにされていました。

 令和最初の夏の王者を決める決勝戦でも同様にコラボを開催予定。歴史的瞬間をプロの解説を聞きながら見てはどうだろうか。

【関連記事】
決勝戦を熱く語りつくす!元プロ野球選手とドットコム随一の頭脳が徹底解説! 【ニュース - パートナー情報】
高校野球ドットコムとニコニコ生放送がコラボ!ドットコムでお馴染みの寺下友徳記者が登場! 【ニュース - その他】
浦和学院vs済美 part2 寺下友徳の済美観戦記【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】

コメントを投稿する

前の記事:
プロ入りを見据える上野響平(京都国際)がお手本にしている格好の教材とは【後編】
次の記事:
今年はドラフト候補の辻居新平に注目 東京大出身のプロ野球選手は?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る