日本ハム・浅間 大基外野手(横浜高出身)などが巣立っていった新宿シニア。現在も多くの選手たちが育っているが、大会の戦績など結果だけが残っているわけではない。

 新宿シニアでは2004年から少年野球チームを対象とした新宿シニア杯を開催している。近年は野球教室や小さな大会を開くチームが増えてきたが、新宿シニアはかなり前から開催していて、いわば先駆け的な存在である。

 近くで行われている新宿シニアの練習を見ることができるなど、6年生はもちろん、少年野球チームにとってはプラス面がある。なかなか間近で見ることのない中学硬式のレベルを体感できることで刺激をもらっているという。

 逆に新宿シニアの選手も同様に、少年野球の活気を受けて刺激をもらっているようで、取材日も高い意識を持って練習していた。今後も大会は開催予定で、次回は第20回大会の節目を迎える。

 近年は野球人口減少が問題視されているが、新宿シニアのように世代の垣根を超えた交流を続けていくことで、野球を続けたいと思う選手が必ず出てくるはず。今後も野球界に尽力する新宿シニアの取り組みは見逃せない。

 その新宿シニアの特集は、高校野球ドットコムの公式Youtubeチャンネルにて配信されている。

(動画を見る)