高校時代の林 晃汰

 2018年の第100回大会の夏甲子園を盛り上げたミレニアム世代は、3月で学生野球を引退し、4月からNPB、社会人野球などあらゆるステージに進み、それぞれの野球人生を歩んでいく。その中から、今回はセンバツで準優勝、そして夏の甲子園にも出場した智辯和歌山(和歌山)を取り上げる。

 センバツの決勝・大阪桐蔭(大阪)戦でスタメン出場したメンバーでは、NPBで奮闘している選手が3人もいる。

 世代でも屈指のスラッガーとして当時から注目された林 晃汰内野手は、広島の期待の若手として注目されている。1学年後輩の黒川 史陽内野手も、楽天の期待の若手。林は5年目、黒川は4年目を迎える2023年シーズンの活躍に期待したい。

 もう1人、DeNAで奮闘する東妻 純平捕手は、ファームで腕を磨いてきた。飛躍のきっかけをつかむ1年にしたいところだ。

 大学組では、当時、主将を務めていた文元 洸成外野手らが卒業する。文元は大学野球で引退することを発表しているが、冨田 泰生外野手はマツゲン箕島で継続することが決まっており、それぞれのステージに進んでいくことになる。

 2023年に大学野球最後の1年を迎えるのが2人。西川 晋太郎内野手と池田 陽佑投手が、立教大で最後の1年を迎える。西川は主将、池田は副主将に抜擢。チームの柱としても期待が高く、プレーはもちろんだが、立ち振る舞いにも注目だ。

 NPB、社会人、そして大学と様々なステージで今後も活躍する智辯和歌山ナインに注目したい。

<センバツ決勝戦スタメン>
1番(中)神先 恵都:立命館大 卒業見込み
2番(遊)西川 晋太郎:立教大4年
3番(三)林 晃汰:広島
4番(右)文元 洸成:慶應義塾大 卒業見込み(キーエンス)
5番(左)冨田 泰生:明治大 卒業見込み(マツゲン箕島)
6番(一)黒川 史陽:楽天
7番(二)高瀬 宗一郎:関西外国語大 卒業見込み
8番(捕)東妻 純平:DeNA
9番(投)池田 陽佑:立教大4年

(記事:編集部)