蛭間 拓哉、渡辺 勇太朗

 2018年の第100回大会の夏甲子園を盛り上げたミレニアム世代は、3月で学生野球を引退し、4月からNPB、社会人野球などあらゆるステージに進み、それぞれの野球人生を歩んでいく。そのなかでも、夏の甲子園ベスト8に入り、18年の夏を盛り上げた浦和学院(埼玉)のメンバーの現在を紹介する。

 準々決勝の大阪桐蔭(大阪)戦のスタメンでは、2人のNPB選手が誕生している。高卒で西武入りした渡邉 勇太朗投手は、4年間で1軍で20試合に登板して5勝をマーク。飛躍する準備を着々と進めてきた。2023年にブレークすることを楽しみにしたい。

 その渡辺が所属する西武に、浦和学院時代の仲間でもある蛭間 拓哉外野手が、ドラフト1位で入団する。早稲田大の4年間で腕を磨いて、大学球界を代表するスラッガーに駆け上がって、ドラフト1位指名の座を射止めた。即戦力として、再びチームメートとなる渡辺と地元球団で共闘することを期待したい。

 蛭間、渡辺の同級生では、矢野 壱晟内野手が東海大、佐野 涼弥外野手が中央大に進学など、強豪大で4年間プレーし続けた。現時点では社会人で継続する選手の発表はないが、大学野球の4年間で培ったモノを発揮してほしい。

 当時の試合には下級生3人が出場。なかでも1番を務めた中前 祐也内野手は、中央大の主将に就任した。強豪の主将としてチームをどのようにまとめていくのか注目だ。

 4月から別々のステージに向かう各選手たちの活躍を期待したい。

<大阪桐蔭戦のスタメン>
1番(遊)中前 祐也:中央大 在学
2番(三)矢野 壱晟:東海大 卒業見込み
3番(中)蛭間 拓哉:西武
4番(捕)畑 敦巳 :立教大 在学
5番(左)佐野 涼弥:中央大 卒業見込み(東京海上日動火災保険株式会社入社予定)
6番(二)後藤 陸人:東洋大 在学
7番(右)上野 暖人:東洋大 卒業見込み
8番(一)小町 竜梧:大東文化大 卒業見込み
9番(投)渡邉 勇太朗:西武

(記事:編集部)