今年、152キロ左腕・東松 快征投手(2年)を中心に投打にレベルが高い選手を揃える享栄(愛知)。秋季大会で東邦に敗れ、長い冬を迎えた。

 今年は殻を破ろうと、フィジカル強化をテーマに掲げ、ウエートトレーニングの量を増やし、食事内容も改革。もともと身長が高い選手が多かったため、平均身長、平均体重は今年の夏の甲子園に出場した大阪桐蔭(大阪)に匹敵するという。

 高校野球ドットコムのYou Tubeチャンネルは、スキルアップへ向けて工夫して冬の練習を積んでいる享栄に密着した。

(動画を見る)