高校時代の中川 勇斗(京都国際)

 2021年夏、京都国際(京都)は甲子園でベスト4進出を果たした。2021年のメンバーは現在、高校卒業後も硬式野球を継続している選手が多い。メンバーのその後の活躍ぶりを紹介する。

 正捕手の中川 勇斗捕手は阪神にドラフト7位指名を受け、プロ入りを果たした。ルーキーイヤーは2軍で打率.295、3本塁打、15打点の成績を残し、強打の捕手としての成長に期待がかかる。

 森下 瑠大投手と平野 順大投手の下級生のWエースとともに投手陣を支えた金森 塁投手は愛知大へ進学した。

 花園大に進んだ植西 龍雅内野手が1年春からリーグ戦出場を果たし、正二塁手の主力として活躍している。

 また甲子園大会での出場機会はなかったが、主将としてチームを牽引した山口 吟太捕手も花園大へ進んでいる。