伊東尚輝、笹尾日々喜、大泉塁翔

 この夏、甲子園でベスト8入りした愛工大名電(愛知)。今年の秋からの新チームも、140キロ超えの投手が5人もいる。

笹尾 日々喜投手(2年)
最速143キロを誇る速球派右腕。変化球の精度も高く、総合力、安定感はチームではNo.1。

伊東 尚輝投手(1年)
最速145キロを誇る本格派右腕。馬力はチームNo.1で、倉野監督からも将来は150キロを出してもおかしくない素材だと絶賛された。

大泉 塁翔投手(1年)
最速143キロを誇る本格派左腕。地元の軟式出身で、切れ味抜群の直球は一級品。

古谷 龍斗投手(1年)
最速140キロほどの好左腕。鯖江ボーイズ時代から注目されてきた逸材で、フォームのバランスがいい。

島田 和明投手(2年)
最速144キロを誇る大型右腕。東海大会ではベンチ入りできなかったが、安定感が高まれば、戦力として期待できる。

 5人とも将来性は抜群で、大きく育つことを期待したい。