玉井優輝、田中千歳、牧航汰、山﨑正太(東京学館)

 東京学館(千葉)は今年、春夏連続でベスト8入りを果たし、県内トップクラスの投手力の高さを誇った。

 牧 航汰投手(3年)はロッテ・佐々木 朗希投手(大船渡出身)に似た投球フォームで、140キロ前後の速球で勝負する本格派右腕。春の県大会では2試合連続の完封勝利を挙げている。

 田中 千歳投手(3年)も最速144キロを誇る速球派右腕。中学時代は内野手だった山﨑 正太投手(3年)は、最速135キロの速球とカット系の変化球で勝負した。

 1年生ながらベンチ入りし、135キロ前後の速球を投げ込む玉井 優輝投手も期待の逸材である。

 この夏だけではなく、卒業以降の活躍にも期待したい牧、田中、山崎。そして玉井は県内を代表する投手へと成長できるか注目していきたい。