スタンドのメンバーと記念撮影する横浜ナイン

 2022年もやがて終わろうとしている。高校野球のイベントは終了し、今年も全国の球児たちが全力を尽くしたプレーで多くの熱いドラマを演じ、高校野球ファンを魅了してきた。球児たちの今年の頑張りを各都道府県ごとに振り返ってみたい。

 例年のこととはいえ、今年の神奈川は特に「熱かった」という印象だ。春の大会では桐光学園が優勝して桐蔭学園が準優勝。夏は東海大相模を破った横浜が頂点に立ち、秋は横浜が制したが、準優勝は慶應義塾だった。横浜東海大相模は、1年を通してすべて8強以上に名を連ねてはいるが、全国的にもハイレベルな強豪が多数ひしめく激戦県で、どこが優勝してもおかしくないほど実力差は拮抗していたといえる。

 横浜で1年生から活躍してきたエース杉山 遙希投手(2年)と緒方 漣内野手(2年)らが来年最終学年を迎える。夏は2年連続で甲子園の地を踏んだが、3年夏はどうなるか。慶應義塾には、元西武、巨人で活躍した清原和博氏の次男、清原 勝児内野手もいる。

 話題が絶えない神奈川県高校野球界は、来年も熱い戦いとなることは間違いない。

▽2022年神奈川県代表の甲子園成績
★センバツ 出場なし
★夏甲子園
 横浜 2回戦敗退
  1回戦〇4-2 三重(三重)
  2回戦●2-3 聖光学院(福島)

▽神奈川県2022年主な大会記録
【春季】
優勝 桐光学園
準優勝 桐蔭学園
4強 藤沢清流 
   横浜商
8強 立花学園
   東海大相模
   横浜商大高
   横浜

【選手権】
優勝 横浜
準優勝 東海大相模
4強 立花学園
   横浜創学館
8強 藤沢翔陵
   藤沢清流
   慶應義塾
   三浦学苑

【秋季】
優勝 横浜
準優勝 慶應義塾
3位 日大藤沢
4位 横浜創学館
8強 相洋
   東海大相模
   藤沢翔陵
   三浦学苑