竹山日向(享栄)

 21年の享栄は、春季東海大会で準優勝、センバツ前の練習試合で出場校相手に投打で圧倒してファンの間で話題となっていた。当時、全国トップクラスの戦力を誇った享栄ナインの卒業後の活躍を見ていきたい。

 ヤクルト5位指名の竹山 日向投手は1軍登板を経験。伸びのある快速球は高く評価され、来季は2軍戦でも好成績を残し続け、将来の大飛躍へ向けて土台をしっかりと築きたい。愛媛マンダリンパイレーツに進んだ菊田 翔友投手は今年6試合に登板。さらにレベルアップして、2年目は1年間通して成績を残すことができるか。

 

 帝京大に進んだ彦坂 藍斗外野手は4番を任されるまでに成長した。高校時代から突出とした打撃技術を誇っていただけに、この4年間でドラフト候補として注目される存在になれるか注目したい。中京大に進んだ白井 真弘内野手は秋のリーグ戦でも二塁手でスタメン出場している。

 他の選手たちも2年生以降で活躍を見せられるか注目だ。