記念撮影をする天理の選手たち

 2022年の高校野球のイベントは終了。今年も全国の球児たちが全力を尽くしたプレーで多くの熱いドラマを演じ、高校野球ファンを魅了してきた。球児たちの今年の頑張りを各都道府県ごとに振り返ってみたい。

 今年の奈良の話題をさらったのは、天理生駒の物語だろう。夏の選手権決勝、甲子園をかけた戦いに挑んだ天理生駒だったが、生駒ナインにコロナ感染という悪夢が襲い掛かり、出場辞退の危機へと追い込まれる。なんとか出場にはこぎつけたが、主力メンバーをかいた生駒天理に0対21で敗れてしまった。しかし両校は後日、「再戦」を果たす。決勝の舞台に立つはずだった生駒の主力メンバーと天理のベストメンバーが対戦。結局、天理が勝利し、天理ナインが決勝で自粛していた歓喜の輪を爆発させるが、その歓喜の輪に、生駒ナインも駆けつけて一緒に手を上げて喜び合った。高校野球の原点を再認識させられるシーンでもあった。

 夏の予選では奈良北の足立 啓人投手(3年)が3回戦の帝塚山戦で29年ぶりのノーヒットノーランを達成する快挙もあった。

 今年は春夏連続で天理が甲子園出場を決めるなど、近年は天理智辯学園の2強が奈良を引っ張っている。しかし、今年の春は奈良大附が優勝。夏準優勝の生駒は春夏秋とすべて8強以上の成績を収め旋風を巻き起こした。秋は高田商が準優勝を果たした。2強中心の構図は変わらないが、崩せない壁ではない状況になってきているのは確かだ。来年は風向きが大きくなる年になるかもしれない。

▽2022年奈良県代表の甲子園成績
★センバツ
 天理 初戦敗退
  1回戦●4-5 星稜(石川)
★夏甲子園
 天理 2回戦敗退
  1回戦〇2-1 山梨学院(山梨)
  2回戦●2-4 海星(長崎)

▽奈良県2022年主な大会記録
【春季】
優勝 奈良大附
準優勝 天理
3位 御所実
4位 畝傍
8強 郡山
   桜井
   奈良
   生駒

【選手権】
優勝 天理
準優勝 生駒
4強 高田商
   智辯学園
8強 御所実
   奈良北
   橿原
   大和広陵

【秋季】
優勝 天理
準優勝 高田商
3位 智辯学園
4位 橿原
8強 一条
   橿原学院
   桜井
   生駒