歓喜の輪を作る二松学舎大附ナイン

 2022年の高校野球のイベントは終了した。今年も全国の球児たちが全力を尽くしたプレーで多くの熱いドラマを演じ、高校野球ファンを魅了してきた。球児たちの今年の頑張りを各都道府県ごとに振り返ってみたい。

 今年は二松学舎大附が中心となって東京を盛り上げたといっていい。センバツ出場を果たし、夏も東東京を制して甲子園の舞台を踏んだ。安定した投手陣と、長打力を武器とした打線で東京に君臨し、秋からの新チームでもその流れは変わらない。

 センバツでは前年の秋に東京を制した國學院久我山が4強に進んだ。元マリナーズのイチロー氏による指導があり話題にもなったが、選手のレベルアップが証明された。偶然かもしれないが、今年甲子園に出場した東京勢は、センバツも夏も甲子園で敗れたのは大阪桐蔭(大阪)と聖光学院(福島)だった。

 夏に限れば、都立勢の活躍も忘れてはいけない。東東京では都立城東が4強に進み、西東京でも都立富士森が4強に進出。東東京では8強に3チームの都立高校が勝ち進んだ。コロナ禍により練習環境はさらに厳しさを増したなか、公立校の球児の努力が実を結んだといえる。

 

▽2022年東京都代表の甲子園成績
★センバツ
 二松学舎大附 初戦敗退
  1回戦●3-9 聖光学院(福島)
 國學院久我山 4強
  1回戦〇4-2 有田工(佐賀)
  2回戦〇6-3 高知(高知)
  準々決勝〇4-2 星稜(石川)
  準決勝●4-13 大阪桐蔭(大阪)
★夏甲子園
 二松学舎大附(東東京) 3回戦敗退
  1回戦〇3-2 札幌大谷(南北海道)
  2回戦〇7-5 (兵庫)
  3回戦●0-4 大阪桐蔭(大阪)
 日大三(西東京) 初戦敗退
  1回戦●2-4 聖光学院(福島)

▽東京都2022年主な大会記録
【春季】
優勝 関東一
準優勝 二松学舎大附
4強 帝京
   日大三
8強 國學院久我山
   東海大菅生
   日体大荏原
   東京成徳大高

【選手権】
<東東京>
優勝 二松学舎大附
準優勝 日体大荏原
4強 都立城東
   帝京
8強 関東一
   都立文京
   都立小山台
   堀越
<西東京>
優勝 日大三
準優勝 東海大菅生
4強 都立富士森
   国士舘
8強 桜美林
   國學院久我山
   日大鶴ヶ丘
   早稲田実業

【秋季】
優勝 東海大菅生
準優勝 二松学舎大附
3位 帝京
   日大三
8強 国士舘
   桜美林
   世田谷学園
   日体大荏原