高野 颯太(三刀屋)

 2022年の高校野球のイベントが終わり、今年もあと1ヶ月を切った。今年も全国の球児たちが全力を尽くしたプレーで多くの熱いドラマを演じ、高校野球ファンを魅了してきた。球児たちの今年の頑張りを各都道府県ごとに振り返ってみたい。

 今年の島根の夏は公立校が躍動した。優勝した浜田に加え、準優勝の飯南、4強には三刀屋が勝ち残り、決勝戦は浜田飯南の18年ぶりの公立校対決となった。

 飯南は部員19人ながら7年ぶりに初戦を突破すると、準々決勝と準決勝で2試合連続逆転サヨナラ勝ち。土壇場で試合をひっくり返すミラクル劇で高校野球ファンを魅了し、創部初の決勝に進出した。飯南にサヨナラで敗れた松江商も、初戦で優勝候補筆頭の石見智翠館を破る金星を飾って勢いに乗って8強入りを果たした。

 秋季大会も浜田が16年ぶりの優勝を果たし、三刀屋が準優勝。4強に益田が入るなど、ここでも公立勢の活躍が目立った。来年も公立校の活躍に注目だ。

▽2022年島根県代表の甲子園成績

★センバツ 出場なし

★夏甲子園
 浜田 3回戦敗退
  2回戦〇5-3 有田工(佐賀)
  3回戦●3-9 下関国際(山口)

▽島根県2022年主な大会記録

【春季】
優勝 立正大淞南
準優勝 石見智翠館
3位 益田東
4位 大東
8強 飯南
   開星
   矢上
   安来

【選手権】
優勝 浜田
準優勝 飯南
4強 開星
   三刀屋
8強 立正大淞南
   松江商
   益田東
   益田翔陽

【秋季】
優勝 浜田
準優勝 三刀屋
3位 益田
4強 益田東
8強 飯南
   出雲
   立正大淞南
   矢上

【各地区大会】
<松江>
優勝 立正大淞南
準優勝 安来
<出雲>
優勝 出雲西
準優勝 大社
<石見>
優勝 矢上
準優勝 明誠

【1年生大会】
優勝 石見智翠館
準優勝 立正大淞南