山田 健太・根尾 昂・藤原 恭大・中川 卓也

 甲子園を沸かせたチームを振り返るシリーズ。今回は2018年に史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭(大阪)の主な選手を振り返る。(学年は当時)

投手 柿木 蓮(3年)=日本ハム
投手 横川 凱(3年)=巨人
投手 森本 昂佑(3年)=近畿大
投手 道端 晃大(3年)=同志社大
捕手 小泉 航平(3年)=NTT西日本
内野手 石川 瑞貴(3年)=Honda鈴鹿
内野手 山田 健太(3年)=立教大
内野手 中川 卓也(3年)=早稲田大
内野手 根尾 昂(3年)=中日
内野手 俵藤 夏冴(3年)=天理大
内野手 後藤 龍太朗(3年)=国士舘大
外野手 宮﨑 仁斗(3年)=立教大
外野手 藤原 恭大(3年)=ロッテ
外野手 青地 斗舞(3年)=同志社大
外野手 宮脇 大地(3年)=國學院大

 2018年のドラフトで同一高校から最多タイの4人の指名を受けた世代。3球団からの指名を受け抽選の末、ロッテに入団した藤原。毎年大きな期待をされながら殻を破りきれていない印象だ。

 根尾は4球団から指名を受け中日に入団。遊撃手として入団するも、出場機会を増やすために今年外野手に転向。しかし課題の打撃が向上せずにいると、5月21日の広島戦で敗戦処理としてプロ初登板。交流戦明け後の6月は投手転向が発表された。これが転機となり、最終的には25試合に登板。投手としてのキャンプを経て、来季はどんな成績を残すのか注目だ。

 巨人に入団した横川と、日本ハムに入団した柿木はともに伸び悩んでいる。2人とも来季は育成契約が発表されている。

 左腕の森本は近畿大でも順調に成長を示し、直球は140キロ後半まで速くなった。

 立教大に進学した山田は、1年生時からチームの主軸としてリーグ戦に出場。4年時には主将を任されると、大学日本代表でも主将を務めた。ドラフト時には強打の内野手として注目を浴びたが、まさかの指名漏れとなった。

 また、中川は早稲田大でも主将を務め、3年秋にはベストナインを獲得した。宮崎は俊足強打の外野手として活躍。社会人でも継続予定だ。後藤は4番打者として牽引。東都2部、3部入れ替え戦でも4番として出場した。

 果たして23年、この世代は活躍を見せることができるか。