及川 雅貴、斎藤 大輝、万波 中正

 甲子園を沸かせたチームを振り返るシリーズ。今回は2018年の甲子園に出場した横浜(神奈川)の主な選手を振り返る。

投手 板川 佳矢(3年)=国際武道大
捕手 角田 康生(3年)=白鷗大
一塁手 内海 貴斗(2年)=法政大
二塁手 斎藤 大輝(3年)=法政大
三塁手 山崎 拳登(3年)=國學院大
遊撃手 遠藤 圭吾(3年)
外野手 長南 有航(3年)=日本製鉄かずさマジック=栃木ゴールデンブレーブス
外野手 万波 中正(3年)=日本ハム
外野手 河原木 皇太(3年)=桜美林大
投手 及川 雅貴(2年)=阪神
内野手 渡会 隆輝(1年)=ENEOS

 1年生時から注目度の高かった万波は、この年のドラフトで日本ハムから4位指名を受け入団。今季は100試合に出場し、自身初の2ケタ本塁打となる14本塁打をマークした。

 主将を務めた斎藤は法政大に進学。法政大でも主将を務め、大学日本代表も経験した。卒業後は東芝に入社予定となっている。

 前チームから背番号1を着けていた左腕エース・板川は、高校日本代表にも選ばれ、国際武道大に進学した。

 2年生左腕・及川は2019年のドラフトで阪神から3位指名を受けた。2021年には中継ぎとして39試合に登板した。

 1年生ながら代打で6打数6安打を記録した渡会。3年生時にプロ志望届を提出するも指名漏れしたが、入社先のENEOSで打撃が覚醒。今年の都市対抗野球では橋戸賞(MVP)、若獅子賞(新人賞)、打撃賞の三冠に輝いた。5試合で4本塁打を放ち、来年のドラフト注目選手となっている。