明秀日立・石川 ケニー

 2022年の高校野球のイベントが終了し、12月に突入した。今年も全国の球児たちが全力を尽くしたプレーで多くの熱いドラマを演じ、高校野球ファンを魅了してきた。球児たちの今年の頑張りを各都道府県ごとに振り返ってみたい。

 茨城では新たな時代の幕開けを感じさせた。2度目のセンバツ出場を果たした明秀日立が、夏も茨城を制して夏の甲子園初出場を決めた。春夏連続の甲子園ももちろん初めてで、常総学院などが中心だった構図が、変わり始めた。明秀日立は甲子園で春夏ともに1勝をマーク。自慢の打線を底上げして来年以降、甲子園でも上位進出の可能性も感じる。

 春夏の予選では、土浦日大つくば秀英水城などが上位の成績を収めたなか、夏は公立高校の境が初の4強を決めるなど、快進撃も見られ、新たな公立校の風が吹いた夏だった。

▽2022年茨城県代表の甲子園成績
★センバツ
 明秀日立 2回戦敗退
  1回戦〇8-0 大島(鹿児島)
  2回戦●1-2 市立和歌山(和歌山)
★夏甲子園
 明秀日立 3回戦敗退
  2回戦〇2-1 鹿児島実(鹿児島)
  3回戦●4-5 仙台育英(宮城)

▽茨城県2022年主な大会記録
【春季】
優勝 明秀日立
準優勝 つくば秀英
4強 水戸商
   土浦日大
8強 つくば国際大高
   日立一
   常磐大高
   水城

【選手権】
優勝 明秀日立
準優勝 土浦日大
4強 
   霞ヶ浦
8強 竜ヶ崎一
   水城
   つくば秀英
   下妻一

【秋季】
優勝 土浦日大
準優勝 常磐大高
4強 霞ヶ浦
   常総学院
8強 水戸商
   土浦湖北
   つくば秀英
   鹿島学園