明治大8番・加藤 巧也、國學院大6番・伊東 光亮、大阪商業大・薮井 駿之裕

 第53回明治神宮野球大会は11月24日、高校の部では大阪桐蔭(近畿・大阪)が史上初の2連覇、大学の部では明治大(東京六)が6年ぶり7度目の優勝を飾り幕を閉じた。

 今回は大学の部出場校の中で大阪桐蔭OBの選手たちを紹介していく。

 優勝した明治大には加藤 巧也内野手(2年)が在籍。決勝の1試合のみの出場となったが、大事な試合で先発出場を果たした。

 準優勝の國學院大(東都)には加藤と同級生の伊東 光亮内野手(2年)が在学。大阪商業大(関西五第1代表)との試合では代走から出場し、安打も放った。決勝戦では安打を打つことはできなかったが先発出場した。

 大阪商業大には前出の2人の代で主将を務めた薮井 駿裕内野手(2年)がいる。大阪桐蔭時代は控え選手だったが大学ではスタメン争いをしている。今大会では2試合とも途中出場となったが環太平洋大(中国・四国三)との試合では安打を放っており、秋季リーグでも遊撃手として先発出場も重ねている。

 関西大(関西五第2代表)の小谷 太誠内野手(1年)は出場機会こそなかったが、1年からメンバー入りするなど大学で凌ぎを削っている。