今年のドラフトで惜しくも指名漏れとなった富山第一(富山)の小林 路春投手(3年)は、BCリーグの福島からドラフト指名を受けた。

 右サイド気味から繰り出す、威力抜群の最速148キロの速球を武器にする。高卒プロ入りを目標に、富山第一の1年時は体づくりを重視し、2年春の県大会からデビューすると、140キロをマークした。3年春には145キロ、3年夏には148キロと順調にレベルアップを遂げた。

 指名漏れとなった高校生投手としては上級の実力を誇る。独立1年目で、果たしてどんなパフォーマンスを見せるのか。

(動画を見る)