BCリーグの特別合格者が発表されたが、茨城球団に日渡 騰輝捕手 (霞ヶ浦)の名前があった。

 日渡といえば、強肩巧打の捕手だが、何より目を惹くのがキャッチング能力の高さだ。同校のエース・赤羽 蓮投手(ソフトバンク育成1位)の最速152キロを誇る剛速球、切れ味鋭い変化球をビタ止めのキャッチングをしていたのが印象的であった。

 赤羽の剛速球は、大学生、社会人投手にも負けないものはあったといえる。球を受ける能力があるのは武器になる。どんな活躍を見せるか注目したい。

(動画を見る)