下関国際・古賀 康誠

 明治神宮大会が終わり、2022年の高校野球のイベントは終了した。今年も全国の球児たちが全力を尽くしたプレーで多くの熱いドラマを演じ、高校野球ファンを魅了してきた。球児たちの今年の頑張りを各都道府県ごとに振り返ってみたい。

 山口県勢が夏の甲子園の話題をさらったと言っても過言ではないだろう。準々決勝で大阪桐蔭(大阪)に逆転勝ちするなど快進撃を続け準優勝したのは下関国際だった。左腕エースの古賀 康誠投手(3年)と、背番号6のリリーバー、仲井 慎内野手(3年)を軸とした守りと、集中力を発揮した打線が売り物だった。大阪桐蔭戦では、前田 悠伍投手(2年)から、土壇場9回に犠打を挟んだ3連打で逆転勝ちしたのは記憶に新しい。惜しくも準優勝に終わったが、坂原秀尚監督が決勝後の閉会式前にナイン1人1人に感謝の言葉をかけるシーンにも、胸にこみ上げるものがあった。地元も大盛り上がりで、下関市は「下関市スポーツ栄誉賞」を贈った。

 宇部商下関商など、公立校の強豪が多い印象の山口県勢だが、近年は下関国際をはじめ、宇部鴻城高川学園などの私立も十分に力をつけてきた。それでも、今年の春の県大会では宇部工が優勝するなど、上位への公立校の進出は多く、県全体のレベルを上げている要因にもなっている。

 新チームの秋季大会では、が中国大会で準優勝した。来年も楽しみが増えそうだ。

▽2022年山口県代表の甲子園成績
★センバツ 出場なし
★夏甲子園 下関国際 準優勝
  2回戦〇5-0 富島(宮崎)
  3回戦〇9-3 浜田(島根)
  準々決勝〇5-4 大阪桐蔭(大阪)
  準決勝〇8-2 近江(滋賀)
  決勝●1-8 仙台育英(宮城)

▽山口県2022年主な大会記録
【春季】
優勝 宇部工
準優勝 下関国際
4強 高川学園
   西京
8強 防府
   長門
   徳山商工
  

【選手権】
優勝 下関国際
準優勝 宇部工
4強 南陽工
   下松工
8強 長門
   山口桜ケ丘
   岩国商
   早鞆

【秋季】
優勝 高川学園
準優勝 宇部鴻城
3位 
4位 柳井
8強 宇部工
   下関国際
   豊浦
   南陽工

【1年生大会】
優勝 宇部鴻城
準優勝 下関国際
4強 山口桜ケ丘
   岩国