11月24日、神宮大会が大阪桐蔭(大阪)の優勝で幕を下ろしたことで、2022年の公式戦が全て終了した。この秋季大会の結果を踏まえて、2023年のセンバツの出場校が審議されることになる。

 神宮大会に出場した10校はほぼ間違いなくセンバツ出場が決まるだろう。神宮大会の決勝へ勝ち上がった大阪桐蔭広陵(広島)を筆頭に、夏春連覇に挑む仙台育英(宮城)に好投手を擁する東邦(愛知)、沖縄尚学(沖縄)などは注目されるだろう。

 2023年が記念大会にあたるため、例年よりも一般枠が多くなっているが、毎年難航する関東・東京、近畿、そして中国・四国の出場校は、今回も注目されるだろう。

 関東・東京では7枠与えられており専大松戸(千葉)などが有力視されるが、東京都大会で準優勝した二松学舎大附(東京)などは行方が注目されている。

 近畿は準優勝の報徳学園(兵庫)をはじめ、智辯和歌山(和歌山)や龍谷大平安(京都)がベスト4に並ぶ豪華な顔ぶれで、センバツ出場への期待が膨らむが、残り2枠はどこになるのか。中国・四国では6枠となっているものの、神宮大会に出場して有力視される英明(香川)、広陵の2校を除き、4枠はどうなるのか。

 その他、記念大会に伴って、東北と近畿も1枠ずつ増加している。その1枠の争いはもちろん、神宮大会優勝校の地区に与えられる神宮枠。さらには21世紀の3校の行方なども非常に気になるところである。

 今後は12月9日に21世紀枠の推薦校が9校に絞られ、2023年の1月27日に正式にセンバツ出場校が発表される。今回紹介した学校は確定したわけではなく、有力視される学校として取り上げたが、1月27日に吉報が届くのか。まずは厳しい冬場を過ごし、春に向けて準備を進める。

(取材=田中 裕毅)