夏春で甲子園出場を狙う日大三が、12日の秋季東京都大会準決勝に挑む。

 本格派右腕の安田 虎汰郎投手(2年)の完成度は高く、安定して試合を作ることができる。

 3番・二宮 士内野手(2年)、4番・岡村 颯大内野手(2年)を中心に振れる打者は多く、ハマれば大量点も期待できる。

 安定した試合運びは健在で、今年も頂点を狙う。

【ベンチ入り選手】クリックすれば各選手の選手名鑑に飛びます!
1 安田 虎汰郎投手(2年)
2 大賀 一徹捕手(2年)
3 針金 侑良内野手(2年)
4 古賀 也真人内野手(2年)
5 二宮 士内野手(2年)
6 森山 太陽内野手(2年)
7 岡村 颯大外野手(2年)
8 池内 仁海外野手(2年)
9 佐々木 純太郎外野手(2年)
10 増田 竜輝投手 (2年)
11 谷亀 和希投手(1年)
12 半田 雄也捕手(2年)
13 芳賀 祐太内野手(2年)
14 清水 蒼天内野手(2年)
15 萩生田 利玖捕手 (2年)
16 髙村 大輔外野手(2年)
17 土井 貴仙外野手(1年)
18 畠山 将豪投手(1年)
19 伊藤 遙亮投手(1年)
20 山田 凜太朗外野手(2年)